ロードバイクブログのしきたりとして、まずはロードバイクとの馴れ初めから始める事が多いと聞きますので、まずはその辺りから書きたいと思います。


字が多い記事が続くと思いますが、しばらく、お付き合い下さい。


 私の場合、きっかけは、昔、地方に勤務していた時代にさかのぼります。


当時は、車通勤で自宅から職場までは、約20分程度。


昔はラグビーでならした身体も、運動をやめてから太る一方。


地方に行けば、移動は車です。通勤も車となると、ほとんど歩く事も少なくなり、体重増加にも拍車がかかっていました。


気付けば、体重は90kg。少し走れば息切れが激しく、健康診断の結果も要観察の項目が増えてきた。


季節は春。
その日は良い天気でした。


「何とかしなければ…。」
そう思いながら、車を運転していた時、ふと、

「自転車で通勤したら気持ちいいだろうな。自転車なら、ダイエットにもいいだろうな。」

と、頭をよぎりました。


 早速、その日のうちに私は通勤に使えそうな自転車について、いろいろと調べ始めました。


「街乗りで、早く移動できるのがいいな。」


そんな理由で選んだのは、クロスバイク。黒のビアンキカメレオンテ3。




タイヤは700×28cを履き、アルミフレームでカーボンフォーク、ゴンポはオフロード用など、街乗りには良いバイクでした。


まだ、ロードバイクは「街乗りには向かない」という理由で選択から外れています。


最初はもっぱら通勤。たまに、週末、子供とサイクリング程度。


それでも、昔、子供の頃知っていた、自分の脚の力だけでいろいろな所に行ける喜びを思い出すには十分でした。


そして、しばらく経ったある夏。
私の東京転勤が、決まります。


ちょうど、その時、長女は高校受験。
内申が出る大事な時期に転校させるのは可哀想と卒業までは家族は残る事になり、私だけが単身で戻る事になったのです。


この時までに、自転車の楽しみにとりつかれつつあった私は、


「単身赴任で週末は時間ができるから、自転車に乗ろう。」


「時間は一杯ある。長距離も走ろう。」


と、ビンディングペダルを購入。


普通の靴でも、ビンディングシューズでも乗れるよう、シマノのPD-A530を選びました。


SHIMANO(シマノ) PD-A530-L [EPDA530L] SPDクリート付ペダル ブラック 

これを、クロスバイクに取り付け、週末毎にあちこちに出かけ始めました。


これが、私に自転車の新しい世界を開いたのです。