こんにちは、りょうです。


夏休みの最後の週末、土曜日は家の用事があったので、日曜日は走りたいなーと思っていたら、ブログ「嫁という超級山岳と闘う漢の記録」の寿司屋さんが、日曜日に都民の森ライドを企画しているとの事で、急遽参加して来ました。


 武蔵五日市駅に朝8時に集合とのことなので、可能な限り自走主義の私は、余裕をみて朝5時に高井戸の自宅を出発。


東八道路、甲州街道、奥多摩街道を乗り継いで、武蔵五日市駅まで、約40kmを走ります。


睦橋を渡る時にふと、前を見ると、奥多摩方面には、かなり怪しげな雲が。


しかし、晴れる事を信じて進みます。
武蔵五日市駅には、2時間ほどで到着。


集合前に駅前のコンビニに立ち寄ると、今日、ご一緒する予定の豆粒さんが既にいらっしゃいました。


豆粒さんも自走でここまで約60km走ってきたそうで、しかも、昨晩は寝られず、一睡もしていないとのこと。
∑(゚Д゚)


集合場所の駅前に移って、時間を待ちます。豆粒さんは寝不足を少しでも解消するため、地面に横になってゴロン。


私は、靴を脱いで、その横にあぐら。
ちょっと、シュールな人たちですね。


しばらく待っていると、その日のメンバーが次々に到着。いつもお世話になっているHAOさんも参加です。


今日集まったのは総勢14名。寿司屋さんの知り合いには、ブログ界で名の知られた剛脚の方も多くいらっしゃいます。


そういう人達と走れるのはいい経験になむります。(結局、後ろにつくチャンスも無かったですけど。(笑))


自己紹介の後、まずは、イケイケ班とゆっくり班に別れて、檜原村役場まで移動します。


武蔵五日市駅から、檜原村役場までは、緩やかな登り基調のアップダウンの道です。


ゆっくり班の中には都民の森は初めてという方もいるということで、私が先頭で引くことに。


イケイケ班に続いて出発します。向こうは流しているつもりでしょうが、あっという間に離れます。


ゆっくり班は、無理せず、ゆっくりと。都民の森は久々なので気持ちよく進みます。


一旦、檜原村役場に集合。
ここからは、本格的な登りになるため、各自のペースで都民の森まで登ります。


TTで登るのもよし、ポタリングで登るのもよしです。自分のタイミングで各自がスタート!


私もイケイケ班の人達に続いてスタートしました。


しばらくは、ペースが同じ人達でトレインを組んで走ります。


一人で走るより、楽に走れて、ペースも上がります。


しかし、上川乗を過ぎて、斜度が上がってくると、だんだんバラバラに。


天候もその頃からだんだん晴れてきて、暑くなってきました。


よく、一度登った坂は7割でいけると言いますが、都民の森は何度登ってもキツイです。


でも、前半がトレインでいいペースで行けたこともあって、自己ベスト狙えるかもと、ついつい頑張ってしまいました。


途中、道路工事の片側通行の所で止められてロスしましたが、いい感じでゴール!


後でストラバを見たら、1時間は切れませんでしたが、自己ベストでした。
途中、工事の交通規制で止められた時間も含んでるので、ちょっとは進歩してるのかな。



ゴール後、ゼーゼー言って、都民の森で休んでいると、なんと!寿司屋さんのホイールのスポークが折れたらしいという、トラブル情報が舞い込んで来ました。


トラブル対応に時間がかかりそうということで、都民の森に上がってる人達は、一旦下に降りて待つ事に。


私もちょっと休んで下りようとした所で、HAOさんから携帯に電話が。


「寿司屋さんが走行不能になってしまったので、今日は、都民の森往復で終わりらしい。戻った方が良いかも。」


という事でしたので寿司屋さんの所まで、戻る事にしました。


このとき、他の方は料金所跡の所にいたようなのですが、日陰を求めて、ガードレールの向こう側にいたらしく、私は気づかずに通過。


途中でHAOさんとも合流して、寿司屋さんのトラブルポイントの都民の森から8km下までダウンヒル。


スポークが折れたホイールはマビックのR-SYS。寿司屋さんの周りでも、同じホイールでスポークが折れているらしく、初期ロットに不良があったのでは、という話でした。


現場に着くと、寿司屋さんはタイチャさんのホイールを借りて、武蔵五日市駅まで車を取りに行った後。しかも、寿司屋さんは下る途中で後輪がパンクしたらしい。(ご愁傷様です。)


現場で待機中。HAOさんが近くの林道を偵察。しかし、その際に、シューズのクリートを折るというトラブル。


しばらくすると、寿司屋さんが車で戻って来て、タイチャさんのホイールを返却。車でみんなが待つ料金所跡に、上がって行きました。


ここまでに、かなり時間が経っていた事もあり、現場にいた、コーラさん、タイチャさん、そして、クリートが折れてしまったHAOさんは、ここで離脱。


気づけば、8km下から、一人でまた都民の森まで登り返すに事になってしまいました。(; ̄ェ ̄)


ここは、数馬の湯より更に数キロ下。
本日、2本目の都民の森クライムです。
 

さすがに、2本目はポタリングモードで、追い込む元気はありません。
マウンテンバイクで登っている人にも抜かれます。


なんとか都民の森までたどり着くと、
本日のライドはここで解散。有志で風張林道(‼️)に行くとの事。Σ(゚д゚lll)


はい。
丁寧にご辞退申し上げました。


その時、時間は13時頃でしたので、私は単独で予定どおり、CAFE KIKIに行く事にしました。


今回のライドの目的の一つが、ブログ界で有名なCAFE KIKIに行く事だったからです。


CAFE KIKIがある飯能に行くためには、まず、奥多摩湖方面に抜けなければいけません。



風張峠から、奥多摩湖方面に下り、飯能に行くためには、軍畑駅から、都道193号線、トンネルを抜けて、都道50号線で名栗方面に行くのが近そうです。

しかし、その道は、



という道でした。(笑)


しかし、距離的には近い!(強がり)
と自分に言い聞かせつつ、なんとか、CAFE KIKIに到着!


到着して、なんか見た事のあるロードバイクがあるなと思ったら、


デロさん、makolinさん、momさん、アキアキさん、ゆっこさん、シンパチさん、トミィさん、ふくやまさんがライドの後のくつろぎ中でした。


さすが、ロード乗り御用達のお店。
遭遇率ハンパないです。


CAFE KIKIは、初めて来ましたが、人の良いマスターに、美味しい料理。
私は、リンゴ肉巻きサンドをいただきました。美味しかったですよ。


写真?
す、すいません。またしても撮るのを忘れて食べてしまいました。


 こ、この反省は次の……、
    ∧_∧
・;'.、(・ω(:;(⊂=⊂≡ 
    (っΣ⊂≡⊂= 
    /   ) ズバババ
    ( / ̄∪


……申し訳ありません。


CAFE KIKIは、このほかにもトイレにはジャージをかけるハンガーがあるなど、ロード乗りには嬉しい配慮。


うーん。飯能に来た時は、また来たいですね。


デロさんたちは、近くをライドした後の帰り道。「この後どうする?」
なんて話をしていると、近くの「苦労坂」と称する東都飯能カントリー倶楽部の激坂にチャレンジする事に。


「すいません。私、ここまで都民の森、2本上がって、150km走ってきたんですけど…。」


なんて事は言ってられない。
せっかく来たのだからということで、ご一緒する事に。



CAFE KIKIのすぐ近くにある、この苦労坂は、距離は1kmくらい。
最初は、10%くらいの斜度ですが、進めば進むほど、斜度がきつくなってくる、嫌なタイプ。


下の地図の青線が苦労坂。



最初は、1km位なら、勢いでいけるんじゃね。と舐めてました。


デロさんには途中でぶち抜かれ、前を行く若いふくやまさんが、直登で登っていく後ろで、ヒラヒラと蛇行してやっと登って、制覇!


1kmって、こんなに長かったっけ?
と思い知らされました。


momさん曰く、「登りきった所にある門のマークがドクロマークに見える。」


はい、私もそう見えました。
あれは、苦労して登ったローディーだけが見えるんだと思います。


あなたにも見えるかどうか、登って確かめて下さい。


さて、私はここから自走で再び帰る必要があるので、ここで、みなさんとはお別れ。


デロさん、makolinさん、momさん、アキアキさん、ゆっこさん、シンパチさん、トミィさん、ふくやまさんありがとうございました。


ここからは、瑞穂町に下って、都道5号線、4号線を最短距離で、荻窪方面に走ります。距離は40kmほど。


いつも、青梅経由で飯能と思っていたけど、高井戸からなら、これで来れば飯能方面、意外と近いかも。


途中で、ゲリラ豪雨にあって、1時間ほど雨宿りをしましたが、なんとか、無事に帰宅しました。


今回、ご一緒させていただいた皆様、どうもありがとうございました。
夏休み最後のライドを満喫させていただき感謝いたします。


本日のライドの総走行距離、193.5km。


そして、本日のアクシデント。

あっ!

今日の格言。

夏のアイスは、最後の一口ほど慎重に!