こんにちは、りょうです。


新機材として前から気になっていた楕円チェーンリング。
遂に導入してしまいました!


この為に、コツコツと貯めていたロードバイク貯金を開放!


楕円チェーンリングには、前から興味があって、いろいろと調べていたのですが、そもそも、楕円チェーンリングって、何の為に着けるの?という疑問があると思います。


チェーンリングを楕円にすると、クランクの位置によって、負荷が変化します。
これを上手く使って、クランクが踏みやすい位置にある時は、大きなパワーを、上死点や下死点の力が入らない時は小さいパワーでやり過ごすのが、楕円チェーンリングの効果です。

RIDEAの説明図をご参照下さい。



じゃあ、これを着けると、楽に速く走れるの?
というと、必ずしもそうではないようです。


よく聞く楕円チェーンリングのインプレは、
楕円チェーンリングを着けても楽にはならない。
脚が早く売り切れる。
あくまで効果的なペダリングをするためのものだ。
ロードレースのスプリンターは負荷の変化を嫌って、楕円は使わない。  
等々。


そんなインプレだったので、ちょっと導入は躊躇していたんですよね。
よく調べて、自分に必要と確信を得てからと、思っていました。


現在の私のクランクは、50×34のコンパクトクランク。ヒルクライムでも踏みやすくて気に入ってます。


後ろは12-25Tのスプロケを着けており、これしかないので、どんなライドもこれで行ってます。


最近は、平坦や坂を登る時は別にこれで困らないので、問題ないのですが、ダウンヒルでちょっと、スピードが上がるとギアが足りなくなるのが、気になってました。


チェーンリングが大きい方が、踏み込んだ時の掛かりが良いとも聞きます。


脚力も少しついてきたので、そろそろ、コンパクトクランクを卒業しょうかなというのが、最初の動機です。


さらに、最近はペダリング効率もいろいろと試行錯誤しているので、どうせチェーンリングを換えるなら、いっそ楕円を導入してみようとなった訳です。


楕円チェーンリングというと、ROTORのQ-RINGS、RIDEA、O-SYMETRICと色々な種類のものが出ています。


それぞれに特徴があって、どれを買ったら良いのか悩む所です。
いろいろ調べたり、既に導入している人の意見を聞いたりしました。


それによると、それぞれ、以下の様な特徴があるようです。

【Q-RINGS】
ペダリングの負荷の変化が大きい。
チェーンリングの取り付け角度がアウター、インナーで独立して微調整できるので、平坦やクライム、また、自分の好みで変えられる。
色は黒と赤バージョンがある。
シマノのチェーンリングと比べて、チェーン落ちが起こりやすいらしい。


【RIDEA】
ダブルオーバルという形状で、負荷の変化がQ-RINGSと比べ緩やか。
2時〜4時と力をかけられるパワーポイントがQ-RINGSと比べ広い。
取付角度調整は出来ないが、インナーリングはクライム時に踏みやすい様に、アウターリングと負荷のかかる角度がずらしてある。
チェーンリングにシマノと同じ様にピンや溝があり、シフトがしやすくなっている。
踏み抜く感覚が少ないため、アマチュアレースで使われる楕円にはRIDEAが多い。


【O-SYMETRIC】
楕円ではない複雑な形状により、ペダリング時に最適なパワーがでるらしい。
しかし、その複雑な形状ゆえか、チェーン落ちが多いと聞く。
取り扱っているお店が少ない。


上記は、私が調べたり、聞いた範囲での印象なので、人によっては、また違う考えがあると思いますので、楕円チェーンリングを検討中の方は是非、自分でも調べてみて下さい。


これに対し、チェーンリングに対する私のこだわりは以下のようなものでした。


現在のデュラエースのクランクはシフト性能に慣れているので、楕円もシフト性能に優れ、チェーン落ちが少ないのがいい。
最近はエンデューロなどのレースに出ているので、レースにも使えるものが良い。
アウターとインナーでは使う場所が違うので、楕円の最適角度は違うはず。
現在のデュラエースの4アームの172.5mmのクランクはそのまま使いたい。


最初は、赤のQ-RINGSに憧れていました。Q-RINGSは負荷のメリハリがある。平坦基調はこちらが楽そう。
私の楕円チェーンリングのイメージは、Q-RINGSの方。


一方、RIDEAはパワーポイントが長く続くので脚があるうちは良いが、脚が無くなると辛いとのこと。


しかし、その分、アマチュアレースではふみ抜け感が少ない、RIDEAを使う人が多いようです。


いろいろ考えた結果、私のこだわりに最も一致したのが、RIDEAの楕円チェーンリングでした。


購入したのは、シマノの4アーム用なので、オリジナルのチェーンリングを外して、付け替えるだけ。


ただし、RIDEAの楕円チェーンリングにはボルトが付属しませんので、RIDEAから出ているダブルチェーンリングボルトを別に買う必要があります。
(元々付いているシマノのチェーンリングボルトは使えません。)


また、そのままでも良いですが、クランクとチェーンリングの段差や、ボルトがむき出しになるのが気になる人は、シマノの4アームクランク用にボルトカバーが別売りで用意されています。
(写真はそれを取り付けてあります。)


この、RIDEAのボルトカバーには、6800アルテグラ用と、9000デュラエース用とがあるので、自分のクランクに合ったものをお買い求め下さい。


特に、通販では、よく見ないとちゃんと書いていない(知ってれば、型番で分かる)ので、間違えないようにしましょう。


取付に当たっては、楕円は場所により径が大きくなる事、更に今回は、52×36のミディアムコンパクト?なので、フロントディレイラーの位置は変える必要があります。


また、今回は歯数自体も変わっているので、チェーンも交換です。(コマ合わせのため)


今のチェーンは伸びてしまって、変速がぎこちなくなるなど寿命だったので、今回に合わせて新しいものに交換しました。


フロントディレイラーは、私のバイクは直付なので、写真のボルトを緩めて位置を調整します。


ただし、フロントディレイラーの位置は、上下だけでなく、チェーンラインに対する左右の角度も調整して、全てのギアでチェーンが擦れたりしない様にする必要があります。


上下の位置は、ディレイラーのチェーンガイドとチェーンリングの歯先の間隔が1〜2mmになるようにします。


写真はチェーンを付けてしまっているので分かりにくいですが、ノギスの間隔が約2mmです。


チェーンラインとの角度の調整は、取付後、ペダルを回しながら、変速をアウター、インナーで、それぞれ何度もやって、トライ&エラーで、ディレイラーのチェーンガイドにチェーンが擦れないよう、シフトがスムーズにいくように調整するしかありません。


調整中、何度がアウト側にチェーン落ちしましたが、フロントディレイラーの取付位置や可動範囲の調整ネジを回して上手く調整したので、最後は気持ち良く変速するようになりました。
デュラエースと同じとまでは言わないものの、問題無いようです。


しかし、唯一、フロントをインナーに、リアをトップにした時に、「シャリ、シャリ」という音がわずかにします。


最初は、ディレイラーの調整ができていないと思ったのですが、何度やっても治りません。


音の発生源と思われる、フロントディレイラーのチェーンガイドを良くみると、音がするのに、チェーンには触れていません。


「??」


と更に良く見ると、ギアをインナートップにした時に、チェーンラインが曲がって、アウターリングの裏側とわずかに接触して音が出ていました。


ギアを変えていくと、トップ側から二段目まで音が出ますが、三段目からは音が出なくなるようです。


こればかりは、調整のしようがない(アウターチェーンリングの裏側を一周にわたって削るしかない。)ので諦めました。


まぁ、走行には問題ないし、インナートップって、殆ど使いませんからね。
まあ、いいか…。


取付時間は掃除やチェーン交換も含めて、なんだかんだ4時間かかってしまいましたが、何とか完成!(写真は実走後なので汚れてます。)


さあ、いよいよ、実走で効果を確かめます。


幸い、翌日はロングライド。その次の日は、レース部のチーム練です。
それぞれの条件で、インプレしたいと思います!


お楽しみに!




ランキングの下のリンクをポチッと押していだだけると、更新の元気が出ます! 
(まだバナーの貼り方が分からず、すいません。)