こんにちは、りょうです。


金曜日の夜に早速取付けた、RIDEAの楕円チェーンリングで、初めてのライドに出発です。


土曜日は裏ヤビツへのゆるぽたライド。
楕円チェーンリングが脚に合わなかった時の事を考えるど、最初の試走はゆるぽたがいいですね。


まずは、集合場所までのアプローチ。
まずはアウターで走ります。


楕円チェーンリングを踏んだ時にどうなるか。私の想像では、

重っ、軽い、重っ、軽い、

というもの…。


しかし、実際に踏んだ第一印象は、


重い、重っ、重い、重っ…。 


そりゃそうです。
そもそも、チェーンリングの歯数が50丁から、52丁に増えているんですから。


加えて楕円なので、径が大きな所では、更に、+2丁分大きくなってます。
結局、元の50丁から、大きな所で54丁、小さな所で50丁のクランクを踏んでいる事になります。


いつもの道をいつものように走ろうとするのですが、脚が疲れるだけでなく、いつもよりスピードも出ません…。


「これって、全然意味無いじゃん!」


はっきり言って、この段階では、


「これダメだ…。今度のエンデューロでは、真円のクランクに戻そうかな。」


とまで思っていました。しかし…。 


「まて、まて。」


「重くなるのは分かっていたはず。楕円チェーンリングの意味は、踏むべきポイントで踏んでこそ効果を発揮するというもの。」


「まずは、楕円にあった踏み方を意識しよう。」


という事で、クランク位置の1時〜3時での荷重と、引脚の抜重を意識し始めると、踏んだ時の重さは変わらないものの、クランクがクルクル回り出しました。


「おおっ、ちょっとは楕円に換えた意味が見えてきたっ!」


しかし、真円に慣れた脚は、そう簡単には楕円に合いません。
相変わらず重く、脚が張ります。


メンバーと合流して、尾根幹に入ります。いつもの坂が重く感じます。


しかし、リズミカルに踏み込むと、クランクがクルクル回って自転車が進むのが分かります。


やがて、若葉台のバーミヤン坂に到着。ここでは、フロントのインナーを試してみました。


今まで、34丁のインナーを使うと踏み抜いてしまう感じがする時があったのですが、今度の36丁は丁度いい感じで踏めます。


しかも、アウターと楕円の角度が違うせいか、最初から違和感無くクランクを回せました。


「おっ、インナーはいいな。すごい登りやすいじゃないか。」


インナーは最初から好印象です。
アウターを真円に戻しても、インナーはこれを使いたいと思いました。


「問題はアウターだな。」


「しかし、この重いクランクを踏めるようになれば、さらに進化するはず!」


そう信じて、練習するしか無いと、覚悟を決めます。


ロングライド中は、主にアウターで脚を慣らします。


良かったのは、アウターでもダンシングは最初からやりやすかった事です。


上死点や下死点が軽くなり回しやすくなったとともに、歯数が増えた事で、体重がペダルに上手く乗り、力強くリズミカルに踏むことができました。


ダンシングは、むしろ楽になりましたね。


さて、ライドも後半になると、脚が楕円の回し方に慣れてきたのか、踏む位置と力を抜く位置のメリハリが分かってきました。


楽にはならないけど、回せない程では無く、リズミカルに踏めるようになり、スピードも乗って来ました。


ライドの最後は、再び尾根幹。
多摩境側から登ります。


130kmほど走っている事もあり、そんなにスピードを出せた訳ではありませんが、いつもの感覚と比べて、あまり違和感無く走れ、ペダルがクルクル回るのが分かります。


なんとなく、楕円チェーンリングを使って、力強く走る感覚が分かって来ました。


ダンシングが前より楽なので、ついついより多用するようになりました。前はシッティングの割合が多かったので、筋肉をバランスよく使うためには、良い傾向かも知れません。


結局、今回のライドで楕円チェーンリングで150km走りました。
その間、フロントのシフトはスムーズで、チェーン落ちは無し。


ロングライドで試した結果、分かった事は…、


楕円チェーンリングをつけただけで、楽になったり、速くなったりする訳ではない。


楕円チェーンリングに合わせて、効率的なペダリングをすることが、結果として、楽さや速さにつながるのだ…。


すなわち、


「楕円チェーンリングは、効率的なペダリング矯正装置である。」


という事です。


適切な位置で踏み、適切な位置で力を抜かないと、

疲れる…。スピードが出ない…。

必然的に、正しいペダリングが身についてくるもののようです。


ライドの最後ではかなり、慣れてきた感じでした。


「もう少し、使ってみよう。」


そう思った、ファーストテストライドでした。



さあ、日曜日は、レース部チーム練習。
楕円チェーンリングは、高強度の走りの中でも通用するのか?


シフトはキチンと出来るのか?
俺の脚は最後まで保つのか?


次回のインプレをお楽しみに!





ランキングの下のリンクをポチッと押していだだけると、更新の元気が出ます! 
(まだバナーの貼り方が分からず、すいません。)