こんにちは、りょうです。


いよいよ、GWですね。
家庭持ちライダーは家庭の用事もありますから、1日か2日終日乗れれば御の字かも知れません。


私も、5月3~5日は、家族との用事があるので、ロードバイクはGWの初めか、最後の方かな。


この機会にきっちり体重を落としたいので、なるべくロングライドで追い込みたいなと思っていたら、尾根幹練などで、よくご一緒するTAQMIさんから、「高強度ワンイチ」のお誘いが。


1周、約200kmの東京湾1周を高強度で追い込む!?

「おっ、面白そうじゃないか…。」

ということで、4月30日(土)に行って来ました。


集合場所は、環八と世田谷通りが交わる三本杉陸橋交差点に朝5時。なるべく早いうちに、都心を抜けていく作戦です。


もう、日が長くなって、朝5時でも明るいです。
ただ、気温が低くて少し寒い。
ても、今日は日中にかけて暖かくなるようなので、ウィンドブレーカー無しで我慢。


TAQMIさんもやって来て走り出します。
走り出せば温かくなります。


高強度ワンイチというだけあって、いきなりのハイペース。
巡航速度になれば35km/hを上回るペースなのですが、ただ、信号厳守なので、都内では信号につかまりまくりです。
このストップ・アンド・ゴーが地味に脚に効いてくる。


皇居の脇を抜けて、日本橋へ。



別に、ワンイチの時に、日本橋を通るこだわりがあった訳では無いですが、いつもワンイチの時は日本橋から行くので、その方が道をよく知っているというだけ。


都心から出る時、江戸川を渡る橋には、自転車が通れない所も結構あります。
そういう所に当たると、遠回りを余儀なくされるので、あまり知らない道は行きたくないのです。


ちょうど、日本橋近くの交差点で信号待ちをしていた時でした、 

TAQMIさんが、
「昔、HIGIRIさんとワンイチした時にここを通りましたね…。」
「…あれ、HIGIRIさん?」

私、
「そう、あの時はHIGIRIさんも…」

TAQMIさん、
「いや、あれHIGIRIさん?」

私、
「???…!」

前を見ると、HIGIRIさんらしき人物が、日本橋から出てきて、前を走っていくではありませんか…。


あまりの偶然に、顔を見合わせて笑うふたり…。

「追いますか…。」

という事で、HIGIRIさん、捕獲!


ちょうど、HIGIRIさんも、コソ練でロングライドに行こうと思っていたという事なので、ご一緒する事に。


都心を抜けて、幕張ICを越えると、道が広くなって、早速、スペシャルステージ開始です。
巡航速度が40km/hを越えていきます。


HIGIRIさんが、
「こんなんで、ずっと行く行くつもりかよ!俺死んじゃうよ。」

と言いながら、トレインの後ろにピタリ。
言葉と裏腹に、ヤル気のHIGIRIさんです。


やがて、千葉の工業地帯に入ると、信号の間隔も開いてさらに走りやすくなります。


先頭をTAQMIさんから代わって前を引いていると、HIGIRIさんが発射!
続いて、TAQMIさんも発射!
スプリント合戦が勃発です。


最初に仕掛けたのはHIGIRIさんです。

最初に仕掛けたのはHIGIRIさんです。

大事な事なので2回言います。


しかし、次の休憩予定の長浦のコンビニまでは、まだ一駅くらいあります。


これはロングスプリントになる…。


やはり、自力に勝るTAQMIさんが先行、私が後を追います。


最初こそ後ろにつけてましたが、TAQMIさんが後ろをチラリと見て、さらに加速!
はえー!30mくらい離されます。


脚はギリギリ。
「ヤベー脚がつりそう…。」


なんとか、距離を保つのが精一杯。
TAQMIさんが、後ろを見て、引き離しているのを確認するのが見える。
ちょっと、ペースが落ちたか…。


とにかく、ゴール前までに後ろに付かねば話にならない…。


ハンドルを下ハンに持ち替える。
トレインの後ろでは、直ぐにブレーキがかけられない下ハンポジションは危険だがこれぐらい離れれば大丈夫。


空気抵抗が減って脚が軽くなるのが分かる。これぐらいのスピードになると、空気抵抗が非常に大きい。走っている時は向い風だと思うが、止まると風は殆ど吹いてなかったりするほどだ。


自分でエアロポジションをとるだけで、1~2km/hは違ってくる。


少しづつ近づく。なんとか後ろに付いた…。TAQMIさんはまだ気づいていない。


風は強い。TAQMIさんもラストスパートで踏んでいる。
前に出られるか…。
でも、TAQMIさんもこの風の中で先行して脚を使っているはず…。


目標のコンビニの看板が見えてきた。
後、2~300mか。それぐらいなら、なんとかもちそうだ。


後ろから少し間を開けて、ゴールスプリントを仕掛けて、一気に抜いてなんとか逃げ切り成功!


HIGIRIさんもすぐにやって来ました。
途中、中学生から頑張れーという声援を受けてきたとか。


レモン牛乳ジャージ効果か。
やはり、レモン牛乳ジャージはモテる?


長浦のコンビニで休憩。


ひーっ、まだ、半分も走ってないのに、この疲れ様はなんだ…。
(¦3 _ヽ)_


やがて、木更津港に到着。
ジモティのTAQMIさんの案内で、初めての道を通ると、面白そうな橋が見えてきた。


この橋は、木更津港に浮かぶ、中の島に渡る中の島大橋。大きな歩道橋だ。
自転車は通れるようなので、渡ってみた。



遠くに飛行場が見え、グライダーが飛んでいる。あっちも気持ちよさそう。



なかなかの良い眺め。


地元伝説で、ここでカップルが相手を背負って渡ると別れない、という云われががあるらしい。
でも、ここを人を背負って渡るとか、体育会の猛訓練並みだと思う…。


橋の上には、カップルの願掛けの南京錠がいっぱいあった。



そろそろ、時間なので下りる。
別に自転車通行可なのだが、TAQMIさんは押し歩き。
ここの下りはトラウマがあって怖いのだという。


TAQMIさんは、木更津港のコンテナに拉致、監禁されたり、高校時代は豊富な経験をお持ちのようです…。


何が起こったのか気になるけど、聞かない方が良い気がする…。


さて、プチ観光の後は、また、富津の長いストレートでプチ・スペシャルステージ。


しかし、向かい風が強くて、やる気起こらず。でも、この向かい風の中、40km/h以上で引っ張るTAQMIさんすごいです…。


やがて道は田園風景の気持ちのいい道に。



そして、お昼ご飯は竹岡の鈴谷食堂でラーメンを食べました。
ここのラーメンはボリュームがあっていいのだが、つい、チャーシューメンを頼んで後悔する。


こんなに食べたら、せっかく走っても痩せないじゃん…。
美味しいからいいんですけどね。


食堂に着いたのが、11時30分頃。
12時台のフェリーは無理かなと思っていましたが、とりあえず、食べ終わって向かいます。


GWだけあって、道は大渋滞。
フェリー乗り場に到着すると、フェリーは出航直前ですが、すぐ切符を買えば間に合うとの事でしたので、急いで買って、ギリギリセーフ!


ここで、1時間くらい待つつもりだったので、ラッキーでした!




中の座席でくつろぎます。
ワンイチは、フェリーで休めるからいいね。


途中で、全長300m以上の巨大タンカー?とフェリーが交差。
東京湾すげー。




くつろいでいると、あっと言う間に久里浜に到着。


ここから、先は横須賀出身の私がジモティなので、ご案内しますよ。
国道16号線を通って、いつもの裏道から、国道357号線にショートカット。


海の公園前で休憩した後は、最後のスペシャルステージです。


最初は、私が先頭で引っ張りますが、やがてTAQMIさんが先頭に出て、グイグイ引っ張ります。


そのまま、山下公園に到着!
もう、最後はTAQMIさんの後ろに付くのが精一杯でした。


山下公園をでた後は、国道15号線を北上して帰ります。
TAQMIさんは多摩川で、HIGIRIさんは蒲田で離脱。
私も環八から帰ります。


途中、サイコンが繋がらなくなるトラブルがありましたが、電池を入れ替えて解決。18時頃帰宅しました。


今日のルートはこんな感じでした。


TAQMIさん、HIGIRIさん、ありがとうございました。


いやー、ワンイチ練習ともいうべき強度でした…。
ここまで長いので追い込むのは初めてです。なかなか楽しかったですけどね。


こういう高強度のヤツは、春とか秋とかじゃないと厳しそうではありますが、またやりましょう。偶に…。


体重も翌朝に測ったら、74.65kgと久々に75kgを切って、落車前くらいまで戻って来たかな。


GW中に、もうちょっと落としたいな。




ランキングの下のリンクをポチッと押していだだけると、更新の元気が出ます!