こんにちは、りょうです。


皆さん、ロードバイクのホイールの取り付けは、通常はクイックリリースを使ってますよね。


このクイックリリース、ショップにバイクのメンテナンスをお願いすると、かなりキツキツに締められると思います。


理由はホイールの脱落防止が一番ですが、それ以外にも、クイックリリースを締めるとホイールの固定力が上がって、反応性が良くなるようです。


元々は盗難防止なのだと思いますが、このホイールの固定力を上げるものとして、ボルトで締込むスキュアーという商品があります。


ボルトだと軽く締めただけでも、クイックリリースとは固定力が段違いだそうで、一部で知られていますが、クイックリリースの代わりに、このスキュアーにすると、走りにも大きな影響があるとの事です。


この「スキュアーで走りが変わるか?」という事については、このCBN BIKE Forums さんの記事が割と分かりやすいです。
あくまで個人の感想なので、最終的には本人の判断ですけどね。


かく言う私も、スキュアー派です。
私のディスクロードバイクは初期のモノなのでホイールはクイック式なのですが、脱落防止と固定力強化を目的に、ボルトスキュアーを使っています。


今のボルトスキュアーはトランズエックスのもの。普通のロードバイクはリアのエンド幅は130mmですが、私のディスクロードバイクのリアのエンド幅は135mmなので、MTB用を使っています。


このトランズエックスのスキュアーには、盗難防止用の特殊工具ボルト仕様もありますが、付属の特殊工具を出先で無くすとかで脱着不能になったりするのは悪夢なので、私は普通の6角レンチ仕様です。



今のFFWのホイールには、元々はクイックリリースが付属していました。


同じホイールをクイックリリースとボルトスキュアーで乗り比べてみたことがありますが、スキュアーからクイックリリースに戻した時の変化はすぐ分かりました。


ペダルを踏み込んだ時に、モサッとする感じで今日はなんかいつもより進まないなという印象。
ペダリングの力が推進力になる時に逃げている感じがしました。
それ以来、私はいつもボルトスキュアーを使っています。


デメリットとしては、クイックリリースと比べて、ホイールの脱着に6角レンチが必要になること。
しかし、携帯工具はいつも持っていますし、ホイール脱着の一手間より、普段の乗り味のメリットの方を感じています。


効果に興味がある場合は、まずはトランズエックスやBBBから出ているボルトスキュアーで試してみるのが良いかも知れません。
値段もそれ程高いパーツではありませんので。


今回、このスキュアーを変える事になったのは、以前、輪行先でスキュアーのナットのネジ山を舐めてしまうトラブルが2度あったからでした。


自宅の時はトルクレンチでトルク管理をしていますが、輪行先では携帯工具で締めるしか無いので、締め込み過ぎてしまったのです。


ただ、ボルトスキュアーの名誉の為に言うと、これには自分に原因がありました。


最初にスキュアーを買った時に、ボルトが長すぎて、取り付けた時に反対のナットの穴からボルトの余った部分が飛び出していました。


これはカッコ悪いのと、出っ張りで引っ掛けたりするといけないと思い、ボルトを金ノコで自分でカットしたのです。


すると今度はリア側で短すぎて、締め込んだ時にナットのネジ山の途中までしかボルトが来ていない状態になってしまったのです。


ネジ山を舐めたのは、ボルトがナットの全部のネジ山に届いていない状態で締め込みすぎたのが原因でした。


輪行先でネジ山を舐めた時には、どうしようと思いましたが、ナットの穴のネジ山が貫通しているのを見て、ナットを逆にはめ込んで残ったネジ山でホイールを固定する事が出来、その時はなんとかなりました。


それ以来、ナットは新しいモノに交換していますが、少し短いボルトというものがずっと気になっていたので、この際、キチンと買い換えようと思った次第です。


そして、スキュアーといえば、ハブメーカーのDT SWISS のRWS!
これは、一見クイックリリースと同じような形に見えますが、これはレバーを手で回して締込むタイプ。


シャフトがスチール製とチタン製の二種類。また、ロードバイク用とMTB用があります。
Amazonでは以下が出ているようです。



元々は、このRWSは、DT SWISSとジャイアントの共同開発だそうで、ジャイアントでも同じものが少し安く売ってます。


しかし、私のFFWDのホイールは、ハブがDT SWISSなので、どうせなら揃えたいなと思っていました。
そんな折、外通のチェーンリアクションで半額位で売っていたのを見つけ、早速、購入しました。


レバーを手で回して締め込むタイプなので、工具は必要なく、かつ強く締め込みすぎる恐れもありません。


手で締め込んでも、一般的なクイックリリースと比べれば、固定力は段違いだそうで、その効果は十分あるようです。


私のディスクロードバイクのリアエンド幅は135mmなので、リアだけMTB用(135mm)を購入。



ロードバイク用とMTB用はレバーの形が違います。フロントのエンド幅はどちらも100mmですが、リアはエンド幅がロード用、130mm、MTB用、135mmの違いがあります。
シャフト径はどちらも同じです。


スペックを比較するとレバーの形のせいか、MTB用が僅かに軽かったりします。
写真は上がフロント、ロード用。
下がリア、MTB用のレバーです。


早速、取り付けてみましょう。
まずは一応、重量測定から。

元のスキュアー。
フロント31g。リア41g。
因みにリアのスキュアーはBBB製に変えています。
さすがに構造がシンプルなので、軽いですね。



因みに、FFWDに付属のクイックリリースは、フロント41g。リア45g。



FFWDのクイックリリースはシャフトがチタン製?なのか、割と軽いですね。


最後は、DT SWISS RWSです。
フロントはスチールシャフト。リアはチタンシャフトです。
フロントは、51g。リアは45g。
たしか、フロントはチタンシャフトなら40gぐらい。



RWSは、チタンシャフトとスチールシャフトで、フロント、リアとも10gぐらいの違いでした。
スチールシャフトだと値段も安いので、10gの差にどれだけ費用をかけるかかは、本人の価値観次第ですね。


私はセール対象品の在庫の関係からフロントはスチールシャフトにしました。
なぁに、10gなんて、私の日々の体重変化からすれば、誤差ですよ。誤差!


それでは、次に取り付けてみます。
取り付けは簡単。
元のくスキュアーを交換するだけ。


手で締め込んで、レバーを手前に引っ張るとフリーになりますので、最後はレバーの位置をちょうどいい位置にします。


取り付けの際、私のコルナゴでは、フロントフォークとレバーが干渉して、クルクルと回す事ができませんでした。


そのため、少し回してはレバーを引っ張って位置を戻してまた回すというめんどくさい事に。
レバーの形的には、MTB用の方が干渉しないようです。
リア側は干渉せずに、回して取り付ける事ができました。
(リアの写真はロードバイクがひっくり返った状態で撮影しています。)



フロントは、エンド幅はどちらも100mmなので、フォークとの干渉が心配の場合は、MTB用を買っても良いかも知れません。
その方がスペック的には軽いですし。(笑)


交換は簡単に終了。
よっしゃー!と喜んで、スタンドを取り付けようとした所で、思わぬトラブルが…。


リアのレバーがスタンドにハマらない…。


レバーが大きすぎで使ってるスタンドにはまりません。
( ̄▽ ̄;)
もう一つ予備のスタンドがあったので持って来てみたら、こちらは穴が大きめだったので、大丈夫でした。


左が今まで使って来たもの。リアのRWSのレバーがはまりませんでした。
右側が予備のもの。こちらはキチンとはまりました。
ヨカッタ〜!



さあ、取り付けたら、試走に行きたいところですが、先日の夏休みでの白馬縦走で脚の筋肉痛が酷いので、また今度の機会にしたいと思います。
ボルトスキュアーからRWSへの交換なので、走りに大きな違いは無いと思いますけど。


でもこれで、ハブ周りがDT SWISSで揃って、スキュアーのネジ山を舐める不安も無くなったので、自分的には満足です。


機材で自分の走りを少しでも効率良くしたいと思うローディは多いですよね。
私もその一人です。(笑)


スキュアーは、少ないコストで効果が出るパーツだと思います。
ただ、踏み込む走りの方が効果を感じ易いようなので、走り方によっては、効果を感じない人もいるかも知れません。


そういう意味で誰にでも効果を保証するものではありませんので、予めご了承ください。


もし、興味があれば、試してみるのもいいと思いますよ!
( *˙ω˙*)و グッ!



ランキングの下のリンクをポチッと押していだだけると、更新の元気が出ます!