こんにちは、りょうです。

最近、ちょっと夏バテ気味です。
ロードバイクの夜練習の頻度が減る一方、食欲だけはいつもどおりなので、ぶくぶく太っております。


いつになったら、70kgを切れる事やら…。
それどころか、80kg代に戻ちゃいそうです。体重計が怖い…。


さて、8月11日の山の日、TAQMIさんのお誘いで、チームVIVA雑兵(ZAPPEI)の皆さんと東京湾1周ライド(ワンイチ)に行って来ました。


チームVIVA雑兵といえば、赤と星のジャージがかっこいい、ガチなローディの皆さんの集まりです。


ヒルクライムは絶対についていけませんが、平坦なら何とかなるか…。
こんな目論見があっという間に吹き飛ばされるライドでした…。


参加者は、
みつ隊長、ヘックンさん、ウルバムさん、かれ~うどんさん、タクミさん、ちゃん壁さん、ヒロさん、しかにくさん、堀さん、そして私の10人。


みつ隊長とは、寿司屋さんの都民の森ライド以来です。お世話になりました。
当日の詳しい模様は、みつ隊長のブログ「格好いィお父さんに俺はなる!」をご参照ください。


当日は、環八の瀬田の交差点にあるコンビニに朝5時に集合。
メンバーが続々と集まって来ました。


皆さん、速そうな人ばかり。
今日のワンイチは、TAQMIさんによれば、ズバリ、ガチライド。


ノー観光、ノーグルメ。補給はコンビニのみでひたすら走るとのとの事…。


この前、ワンイチ高強度ライドで、TAQMIさん、HIGIRIさんと回った時に、
「12時間位で回れるといいですね。」
とか、
「今度、春か秋のいい季節にやりましょう。」
なんて事を話していたんですが、出発前の雑兵仲間との雑談時に、TAQMIさんが

「8時間で回りますよ!」

とか言っているのを聞いてしまった。

TAQMIさん、4時間も短縮してるよ!
しかも今は夏だよ、真夏だよ!
今日はいったいどんなライドになるのかと静かに恐怖する。


実際、今回の記事は写真がほとんどありません…。特に走行中の写真は皆無。
生き残るのが精一杯でそんな余裕はありませんでした…。


さて、いよいよ出発です。
今回は5人ずつで班を二つに分けて、私はB班に。
メンバーの中にワンイチは初めての人がいるので、都心を抜けるまで私が先頭で道案内します。


先ずは、日本橋への分岐点である皇居の大手門の交差点まで行きます。
B班が先行して待っていると、やって来たA班が一人足りない…。

「あれ、もうひとりは?」

「身体の調子が悪いそうで  
  途中で帰りました。」

「!?」

出発して30分も経たないうちに一人脱落…。
恐るべし…。チーム雑兵ライド…。


やがて都心抜けて、千葉の浦安を過ぎる。ここまで来れば、後はほぼ一本道。
もう迷うことは無い。
うどんさんが、

「これからは先頭を回して行きましょう。」
と言ってくれた。

いつもであれば、先頭を交代してもらって、トレインの後で楽が出来るのであるが、むしろ、ここからが本番と気を引き締める。


自分が先頭の時はB班のペースをコントロール出来たが、ここからは違う…。


うどんさんに交代した直後から、鬼引きが始まる。
まだ、信号が多くてペースは上がらないが、信号毎の加速が激しくなる。
ゼロ発進から40km/h超えまであっという間。信号で止まって、発進加速の繰り返し。まるでインターバル練習である。
脚がどんどん削れていく…。


やがて幕張ICを過ぎると、道は広く路面も走りやすくなる。


トレインのスピードがどんどん上がる。
信号発進で遅れると、それはそのまま千切れる事を意味するので、必死についていく。


トレインのスピードは、平坦とは言え時に50km/hを超えた…。


200km以上のライドにも関わらず、その刹那に全力を尽くす。
今日はグループライドだとばかり思っていたが、甘かったようだ…。

「今日は誰も千切れませんねー。」

という声が聞こえる….。
今日は200kmかけた千切り合いであった。


あるメンバーは、後でこう語っていた…。


「50km/hを超えれば、コンパクトクランクのヤツはついて来られないでしょう…。フフッ。」


解説しよう。
コンパクトクランクとは、チェーンリングの歯数が50T以下のクランクである。

ヒルクライムを主戦場とするローディがつけている事が多い。
今回、みつ隊長がコンパクトクランクであった…。 


隊長ですらもスキあらば千切ろうとする…。恐るべし、雑兵魂。


スペシャルステージに入ってから、次の休憩地である長浦のコンビニまで40kmある。
その間、高速トレイン、信号で止まれば、発進ダッシュでインターバルの加速。


先頭を交代するどころか、ついていくのがやっと…。
千切れる最初の一人になってたまるかと頑張るが限界が近づく…。


まだ全行程の3分の1も来ていないんですけど…。
まさか、彩湖の周回練習みたいな事を200km続けるつもりじゃ…。


このままでは千切れるのは時間の問題だった…。


と、その時。うどんさんのフロントディレイラーが変速しなくなるトラブルがあって、臨時休憩。


うどんさんには申しわけないけど、正直このタイミングでの休憩は助かった。
これで息を吹き返すことが出た。


一方、うどんさんのトラブルは、BBが緩んできてクランクが外に押し出されて、変速していないのにフロントがインナーに落ちてしまうトラブル。


さすがにBB回しの工具を持っている人はいないので、手で回して締めて、騙し騙しで何とか乗ることが出来た。


この近くにはショップは無いため、神奈川県に渡ってからショップによることになった。


その後もフェリー乗り場まで走る。
最初は曇だった天候も、途中から日が出てきて暑くなってきた。高強度で走れる天候ではないが、走り続ける。


休憩のお陰で息を吹き返し、ようやくフェリー乗り場手前あたりで先頭交代にも加われるようになってきた。
遂にフェリー乗り場に到着。
次のフェリーまで時間があったので、昼食を食べる。


フェリーの中ではメンバーは皆、グッタリ…。フェリーで外にも出ずにずっと中で休憩していたのは初めてかも知れない。40分があっという間でした。


神奈川県の久里浜に上陸。
ここでみつさん達は、厚木方面に帰る事から、三浦半島を横断して江ノ島方面に行く事になりお別れ。
残りのメンバーは横浜方面に。


神奈川県側でも、国道357号線のスペシャルステージでは千切り合いが勃発。
ここら辺になると、もう記憶が飛んでどう走ったか覚えておりません…。
( °ω°):∵グハッ!!


横浜の大磯まで来た所で、うどんさんのクランクの修理のために、「ペダリスト」というショップによりました。


入口は小さいけど、中は奥が広くてトレーニングジムもあるような、本格的なロードバイクショップでした。
ロードバイクのトレーニングまで出来るショップは珍しいです。


ウルバンさんの行きつけのショップで、事前に連絡してくれたお陰で、飛び込みの修理も快く対応してくれ、しかも修理代は、パーツ代だけ!


いやー。自分のお店で買っていないロードバイクのメンテナンスはしないお店もある中で、これは神対応です。
ロードバイクを買うなら、こういう面倒見のいいショップがいいと思いました。


サービスをあてにするだけじゃいけないけど、こういうお店をひいきにしたいですね。


お蔭さまで、うどんさんのロードバイクも直って、その後は順調。無事、双子玉川まで帰ってこられました。


これで丁度、東京湾1周。
高井戸まで戻って帰宅。
今日のライドは、
総走行距離 約220km。
獲得高度 約1000m。
平均速度 28.6km
消費cal 4344 kcal。

今回のコースはこんな感じ。


グループライドにもかかわらず、カップやらプライベートベストが並ぶストラバのセグメンドのログがその激しさを物語っております。



VIVA雑兵の皆さんとのワンイチライド。
大変お世話になりました。
今回もキツ楽しかったです。


みつ隊長を初め、皆さんありがとうございました!
また、機会がありましたら、是非よろしくお願いいたします!


しかし、みつ隊長のブログを読むと、今回のライドは、VIVA雑兵の若頭こと、TAQMIさん、うどんさん道場だったようですね。


私もまだまだ鍛錬が足りないようです。
よーし、また頑張るぞー!



ランキングの下のリンクをポチッと押していだだけると、更新の元気が出ます!