こんにちは、りょうです。


新しい自転車を買いました!
…と言っても、私の2台目ではなく、自転車を盗難された長男の自転車です。


長男は今、長女の元通学自転車に乗って通学していますが、その自転車は嫁が普段の買い物にも使っているものなので、無いと不便だという事になり、新しい自転車を買う事について、我が家の財務省から許可が出ました。
٩(>ω<*)و  ヨッシャー!


新しい自転車を選ぶにあたって考えたこと。

「いずれ、子どもとロードバイクで一緒に走りたいなと思っていたので、それを念頭に選ぶ。」
そして、
「子どものだからと適当に妥協しない。」
ということ。


気に入らない自転車で妥協してしまったら、盗難のダメージをずっと引きずる事と同じですよね。
それじゃ、せっかく買っても悔しいじゃないですか。


もちろん、長男の気持ちも踏まえて選ぶ必要はあります。


長男も自転車通学をするうちに、段々走る楽しさが分かってきたようで、楽に速い自転車という志向になって来ました。


ならば、クロスバイクよりもっと走って楽しい自転車にしようではないか!


しかし、当面は通学に使うので、いきなりロードバイクは無理…。
そこで、思いついたのは、フラットバーロードという選択肢。


フラットバーロードとは、ロードバイクのフレーム、タイヤ、コンポーネントに、ハンドルだけフラットバーを装備したもの。走る軽快さはロードバイクと同じです。


ビアンキのクロスバイクでいうと、
元々乗っていた、「カメレオンテ」はMTBより。
「ROMA II 」は、ロードバイクより。
どこまでロードバイクに近づけるかは
各社それぞれの特徴があります。


単に「クロスバイクよりはロードバイク的なもの」から、完全にハンドル以外はロードバイクの「羊の革を被った狼的なもの」までいろいろです。


よしっ!狙い目の自転車は決まった。
しかし、このフラットバーロード。一般的にクロスバイクより高く、嫁さんから許された予算では当然足りません…。


もちろん通学で使う事を考えると、あまり高くて扱いがデリケートなものは買うべきでないし、そのお金もない。(笑)
ここら辺のバランスが難しい….。


そこで、新車は諦めて、中古で探すとともに、私が機材更新の為に貯めていたロードバイク貯金を放出して補填する事にしました。


長男は来年は大学の歳。もう自転車を買い替える機会なんて早々ありません。
一緒に走るにしても、時期を逃せばそうした機会自体も無くなるでしょう。


自転車盗難はとても残念だけど、これを新しい出逢いとの機会に昇華できるなら、自腹で貯金を突っ込むのも、無駄では無い気がします。


さて、長男の自転車選びは、予算も増えて選択肢も広がりました(これ大事!)ので、早速、中古自転車店を回って探してきました。


そうしたら最初に行った店でいきなりいいものが、見つかりましたよ!
それは、これです!

イタリアンメーカーのGIOS「ULUTIMO」!


売っていたものは、2009年頃の型で、今のGIOSの最新の製品ラインナップにはありません。


しかし、カーボンフォークに、カーボンバックという、最新のアルミフレームでもなかなか無い凝った仕様。


カーボンフォーク、カーボンバックというのは、ロードレース現場が今のフルカーボンになる前は、流行りのフレームで、固さと柔軟性を併せ持ったいいフレームです。


コンポは2×9速のティアグラ、ブレーキもティアグラのキャリパーブレーキ。ホイールはシマノのR500。重量は9.4kg。


このクラスで重さが10kgを切 のは軽い方の部類です。
エントリーロードバイクとしても、申し分の無いスペックです。


そして、大事なフレームサイズの適合身長は、165cm~173cmと、これまたピッタリ。


本体はアルミなので、通学での扱いにも、ある程度の耐久性が期待できるのもマル〇。


探し始めた途端、こんなバッチリな条件の中古車が見つかるとは、まさに出逢いを感じます。
しかも、このウルティモ、年式は古いが大事にされていたようで、フレームには目立つ傷はなく、塗装も凄く綺麗な状態でした。新古車と言っても良いくらい。


お値段は普通の新車のクロスバイクくらい。しかし、新品で買えばもっと高いです。


同じ店内には、年式は高いけど、傷だらけのフルアルミのクロスバイクが、-1~2万円で売っていました。


断然こっちがいい!
と、最初にショップに来店した時に、この自転車を一発で気に入りました。
( *˙ω˙*)و グッ!
 

しかし、他の店も見てみようと、2~3日悩んでいるうちに、このウルティモが他の支店に在庫として移されて、かつ商談中の表示ががが…!

ガ━━ン=͟͟͞͞(꒪ᗜ꒪ ‧̣̥̇)  やはりか…。

あれは早く売れるだろうと思い、早めに決断したつもりだったのですが…。


このまま諦めて後悔するのは嫌と思い、念のため「あのウルティモは、もう買えないのですか?」聞いたところ、店員さんが、移動先の店舗に確認を入れてくれました。


すると、向こうは注文が入っていないので、今ならこっちで購入できるとのことでした。


なんと!ラッキー!
車体の状態は、前に来た時に実車を確認済みだったので、即決して購入。 


うーん。こういうパターン多いな…。
でも決断が遅れた分、余計な配送料を払うことになりましたけどね…。


やっぱり、買い物は、

はじめに「まず自分が何が欲しいかを明確にすること。」
次に「出逢い。」
最後は「決断力。」
が大事!
(☼ Д ☼) クワッッ!!!


後悔することも多々あるけどね…。


という事で「ウルティモ」を我が家にお迎えする事ができました!

ワァ───ヽ(*゚∀゚*)ノ───イ

後日、「ウルティモ来たよー。」の連絡を受け、早速、受け取りに行き、家に乗って帰ります。


乗った最初の印象は軽い。特にハンドルの取り回しが、普通のクロスバイクに比べで、明らかにクイックな感じ。


先日の夜練で身体を痛めてしまって、ゆっくりしか乗れなかったけど、走行性能は、やはりロードバイク並の印象です。
ハブやチェーンのメンテナンスをしてあげれば、もっと軽く走れそう。


家に着いたら、早速、整備。
長男も、「フレームがかっこいい。」と気に入ってくれたようです。


試乗させて、サドルの位置を調整する。
もう、サドルの高さがほとんど私と変わらない。
「成長したなぁ。」
と感じる。


長男にも乗せてみた印象は、やはり、「軽い。」とのこと。


最近では珍しいカーボンバック!
乗り心地も、多少は良くなっているはず。



通学用にするための装備品を付けます。
まずは、用意していた明るいライト、尾灯、チェーンロック、ミニポンプ、パンク修理キット等々が入ったサドルバッグをつける。


これらの装備品もクロスバイクとともに一式盗まれているので痛い。
家にあるものをかき集めるが、追加で買わなければいけないものもある。


明るいライトは自転車専用品だと高い。
しかし、汎用品のライトをホルダーでつければ、同じ照度のものでもかなり安く済む。
充電できる18650型リチウムイオン電池を使えるタイプを選ぶ事がポイント。
小型で明るく、自転車に取り付けるホルダーも付いたものを安く入手しました。





また、鍵はワイヤーではなく、ちょっと重くてかさばるけど頑丈なチェーンタイプ。学校の敷地内の駐輪とはいえ、通学で使う以上、仕方がありません。
鍵式は、一度、鍵を出先で失って、大変な目にあった経験があるので、それ以来、ダイヤル式にしています。


最後に、チェーンやプーリーに油を注して、タイヤの空気を規定まで入れて整備完了。


いいね。
GIOS ブルーって、好きだな。
休みの日の街乗りは、長男に貸して貰おうっと。(笑)


なお、自転車引き渡しの際、長男には、必ずヘルメットを被ること。
駐輪する時は、チェーンで、フレームとタイヤを通して地球ロックすること。
家ではベランダ保管することを注意した。


最後の「ベランダに保管」は、階段を持って上がらなければならず、「毎日通学するのに面倒くさいから嫌!」と抵抗されると思ったけど、すんなり聞き入れたので拍子抜け。


まあ、お下がりでなく「自分の自転車」という意識で、大事にする気持ちが芽生えてくれたのなら嬉しい。


これで自転車との新しい出逢いを経験して、また走る楽しさを発見してくれたら、貯金を出した甲斐もあるな。(笑)


ちなみに、私のロードバイクに以前付けていたドロップハンドルやステムもあるので、ウルティモをロードバイク化するのは簡単。さて…、次の計画を練るかな…。


おっと。その前に、次男の自転車もそろそろ、買い替え時だった…。
小学校3年生の時に買ったMTBは、中1になって、かなり小さくなってしまっています。


次男は、「新しい自転車はロードバイクみたいなヤツがイイ!」と言ってるので、本当は、今年の次男の誕生日で「ロードバイク的な自転車」を買うつもりだったんだけど。


あぁ〜、俺のロードバイク貯金が、ドンドン減っていく…。


…また貯金しなきゃ…。




ランキングの下のリンクをポチッと押していだだけると、更新の元気が出ます!