こんにちは、りょうです。


長男のウルティモを安全確認を兼ねて、試乗してきました。


実は先週、軽い落車をしまして。
転び方が良かった様で、ロードバイクも身体も傷は浅く済んだんですが、打ち身が酷くて、ここの所、ロードバイクに乗れていませんでした。


ウルティモを引き取りに行って帰ってきた時は、ちょっとした段差でも、脂汗が出るような痛みだったので、歩くようなスピードで帰ってきましたから、試乗と言えないものでした。


ここの所、だんだん打ち身の痛みも引いてきたので、リハビリも兼ねてウルティモで皇居を回ってきましたよ。


ウルティモには、片面フラットのSPDペダルを付けているので、昔のシマノのSPDシューズを物置から出して履きます。


これは初めて買ったビンディングシューズ。ベロクロ三本留めロード用なので、今でも十分使えます。


長男の了解を取って早速乗り出します。
少し走った所で、サドル下に取り付けた尾灯が、漕ぐと太ももに接触する事が判明。


尾灯はキャットアイのラピッド5で、大きいのが目立って良いかと思って付けたのですが、長男向けにサドルを下げた所、縦のスペースが足りず、横置きにして付けていたので、脚の可動範囲と干渉してしまったようです。


一旦停止して、シートステーの方に尾灯を移植して解決。再出発します。


改めて、ビンディングで踏み込んで走ってみると、ススーと進んでいく感じ。
タイヤが23cだからか?以前のクロスバイクのモッサリ感はありません。


ホイールも、R500ですから前後2kgくらいあり軽くはありませんが、ちゃんと振れ取りがされているので、回転がスムーズ!


硬すぎず柔らかすぎずのサドルのせいもありますが、私のコルナゴに比べても、細かい振動を吸収している感じで、その割にちゃんと進んでくれます。


ロードバイクの楽しさがちゃんとある自転車でした。


しかし、ここで問題が。
それなりの速度感で走っているのですが、サイコンを見ると25km/h。

ええっ?

体感的には32~3km/hは出しているつもりなんですが、サイコンの表示と感覚が違い過ぎる。

やっぱりロードバイクでないと速いようで、実際のスピードは出ていないのか?

と思いましたが、これは後でサイコンの設定のせいだと判明。
中古で買ったサイコンのタイヤ設定が26インチになっていました。(笑)

あー焦った。


無事、皇居に到着。


都会の灯りが似合うぜ!



大手町ストレートや北の丸ヒルクライムでも、いい感じで走れます。
カメレオンテだと、「これ以上は無理〜。」という限界が割と早く来るのですが、ウルティモはその限界がもう少し上な感じ。


また、上りでダンシングしてみましたが、捻れは感じず、ペダルの力がしっかり推進力に変わっている感じがしました。


ただ、リアのギアを変える時、ガタンとチェーンがズレる事がありますが、レースならともかく普段乗りなら気にならないレベル。


これはチェーンやスプロケが磨耗して古いからかもしれません。
酷くなったら交換すればいいでしょう。


全体としては、周回途中で出会ったロードバイク乗りの人とも、一緒に走れるほどの走行性能。


もちろん、絶対的なスピードは私のロードバイクとは違いますが、走りの気持ちよさは、充分及第点でした。


ちなみにブレーキはティアグラのキャリパーブレーキなので、Vブレーキほどガツンとした効きではありませんが十分な制動力でした。


良かった良かった。 
これで長男にも自信を持って勧められる。
古い年式ですが、良い選択でした。


いやー、真面目にドロップハンドル化して、夜錬の練習で使わせて欲しいなぁ。



ランキングの下のリンクをポチッと押していだだけると、更新の元気が出ます!