こんにちは、りょうです。


ロードバイクって、峠なんかを上ると激しく汗をかくスポーツですよね。
そして、上った後のダウンヒルでは逆に寒い思いをするなど、温度差も激しいスポーツです。


ある意味、汗冷えとの戦いです。
だから、アンダーウェアは超大事。
そして、これまでの経験から、この汗対策は、夏よりも冬の方が重要。


夏であれば、汗をかいてもそのままでも乾きますし、標高3000mの乗鞍岳からのダウンヒルだって、我慢出来ない程じゃない。


従って、個人的な見解ですが、夏のアンダーウェアは、汗の吸収速乾性があるものなら、機能差はあまり気になりません。


しかし、冬は違います。
アンダーウェアの機能差で、ヘタをすれば走行不能になることも。


今回は、冬のアンダーウェア選びについて、これまでの経験を記事にしたいと思います。


私が最初に買ったアンダーウェアは、アンダーアーマーのコールドギア。
コンプレッション系で動きやすく、生地が厚めで防風機能もある程度あるという事で、冬用のアンダーにいいなと思って選びました。

ちょっと肌寒いくらいなら、この上に半袖の夏用ジャージで充分。
しかし、秋頃までは快適でしたが、寒くなってくると、ある欠点が。


あまり汗をかかない程度、あるいは夏ジャージの下に着る程度なら快適なのですが、冬用ジャケットの下などに着て、汗をたっぷりかくと後の乾きが悪く、汗冷えがひどいのです。


外で休憩しようものなら、身体が凍えてしまいます。どこか暖かい室内でかなり長い間、乾かしてから再出発しなければなりませんでした。


そこでもう少し乾きが良いものとして、次に選んだのが、モンベルのジオラインL.W.でした。


インターネットなどを見ると、汗をかいても乾きが早く汗冷えしないと評判のもの。
生地の厚さで、ライトウェイト、ミドルウェイト、エクスペディションの3種ありますが、ロードバイクなどの激しく汗をかくスポーツは、ライトウェイトがおすすめとあります。


あまり防風性はありませんので、基本、ジャケットなどの下に着ます。
実際、防風性のある厚手のジャケットの下に着るのなら、ライトウェイトで真冬でも大丈夫。
早朝など寒い場合は、ジャケットの上にウィンドブレーカーを重ね着すればいいでしょう。


もちろん、汗をかくような走り方はしないということであれば、ミドルウェイトでもいいと思います。 


ただ、冬にロードバイクに乗る時は、走ってる時と休んでる時、早朝や昼間など、温度差が大きいので、重ね着で温度調整をするのが良いです。


あまり厚い服を着ていると、こまめな調整が出来ないので困ります。
これは、登山なんかでも同じですね。


一方、グローブとかブーツカバーは、厚くして末端部を暖かくした方が快適に走れます。


ジオラインを使った印象は、やはり汗の乾きが早いということ。
ジャケットの下でも、暑い時は前のジッパーを開けたり、休憩の時に上着を脱げば乾きが早いので、アンダーアーマーに比べれば、汗冷えは格段に少なくなりました。


しかし、激しく動けば厚手のジャケットの下では、やはり汗で濡れます。
そして、濡れた服と肌が接していれば、やはり汗冷えはします。


そこでさらに汗冷えをしないよう、ジオラインの下にファイントラックのパワーメッシュというアンダーウェアを着ることにしました。


元々は登山用のインナーで持っていたのですが、これは、撥水性のインナーで、かいた汗をメッシュの穴を通して素早く外側のウェアに移してくれ、同時に外の汗を弾いて肌に近づけません。

※生地の撥水性には耐久性がありますが、柔軟剤と一緒に洗うと、撥水性が落ちてしまうようなので、要注意。


汗をかいても肌に汗が残らないので、汗冷えを抑制してくれるという、なかなか優れもののインナーでした。
ファイントラックは、いい製品を作ってる日本の会社だけど、多分、この手の撥水インナーの先駆者じゃないかな。


また、このインナーは夏ジャージの下に着ても、服が汗でベッチョリとつかなくて快適で、とても愛用していました。


「…していました。」というのは、先日、落車した時にジャージと一緒に破れてしまったのです。


しばらくは、そのままでしたが、また冬がやってくるので、その前に「新しいの買わなきゃ。」って事で、この前、同じような撥水性のインナーを買いました。


今度のものは、カペルミュールのノースリーブメッシュアンダー。
お値段は4千円行かないくらい。
本当は、ファイントラックの同じものが欲しかったんだけど、値段も安かったのでこちらにしたんですが、意外に良かった。


何故か、カペルミュールのカタログからはもう落ちていて、Amazonでは売っていないのですが、山用品のこれと同じですね。


※その後、ノースリーブソフトメッシュアンダーウェアは、一般のカタログでは無く、Lion de KAPELMUURの方のカタログに掲載されているのが、分かりました。


これもファイントラックと同じように汗を弾く素材なんですけど、パワーメッシュとの違いは、生地の厚さ。


生地に厚みがあって、メッシュが荒くて大きい。
すなわち、厚みの分、肌と服との間に空間が出来て、よりドライな感じがします。


ラファにも同じような、ベースレイヤーがあります。メリノウールで撥水性があるので、同じような機能で評判もいいようです。
でも、値段はカペルミュールの2倍以上するんですよね。


カペルミュールのこれを着たのは、9月に入ってから。服と肌の空間が保温層のようになっているので、最初に着た時は暑く感じました。


しかし、汗をかいてくると、程よく濡れて熱を取ってくれて気持ちよく。汗が止まれば、すぐにドライに。
今まで着たアンダーの中で一番ドライ感が強かったです。


まだ寒い時期に試していませんが、厚いメッシュの保温層的な感じが、冬用のアンダーとしてとても良い感じがしました。


これはいいかも!


ただ、これだけ着てると、とても怪しいおじさんになって、家族に不評です。

ハードゲイか。


あるいは、プレデターか。


まあ、家以外では、これ一枚になる事もないですし。
これで冬も快適に走れるのなら、文句は言いますまい。


私の真冬の装備は、上はメッシュアンダー、ジオライン、ウィンドストッパーのジャケット、(+ウィンドブレーカー)です。


下は、裏起毛のロングビブパンツ。
寒さがひどい時は、ビブの下にスパッツを追加で履いたりします。
また、寒い時は靴下を登山用などの厚めのものを履くと全然違います。
後は冬用のグローブ、厚手のシューズカバー、バラクラバ(目出し帽)があれば完璧。


因みに、シューズカバーは、防寒目的なら思い切って真冬用の厚手のものを最初から買った方がいいです。つま先にはラバーが付いているなど、耐久性が有るものが長く履けます。


最初に薄いものを買うと、寒くなると結局、真冬用を買い足すハメになりますから。
シューズカバーを着けたくなるような季節なら、真冬用でもシューズカバーが暑すぎるという事はありません。


皆さんも、アンダーウェアをはじめ、冬の服装にはいろいろと悩まれていると思うので、是非参考にしてください


ランキングの下のリンクをポチッと押していだだけると、更新の元気が出ます!