こんにちは、りょうです。


10月2日(日)、この週末で医者から言われた安静期間の3週間が終わりますので、ちょっと長めのリハビリライドに行きました。


まだ、肩は完全に治ったわけではありませんが、かなり腕の可動範囲が増えてきて、寝る姿勢も楽になってきました。


ロードバイクも、肩に力が入らないようにして走っている分には、全然大丈夫。
ただ、時折、段差の衝撃を身体で受けてしまって、肩に力が入るとまだ痛い。


先週は、夜練で都内をユルユルと35kmくらい走ってみたけど、帰る頃に肩に少し違和感が出て、まだロングライドは不安でした。


そこで、今回は、ロングライドにどれぐらい耐えられるかのテストも兼ねて、ど平坦のコースをゆるゆる走ってみる事にしました。


コースは、荒川のサイクリングロード。
彩湖から入って、サイクリングロードを遡って、途中で肩に違和感が出れば、帰って来ればいいやぐらいに思ってました。


朝は、8時30分くらいに出発。
ちょっと遅めですが、まあ、リハビリですから。(笑)


ロードバイクに跨って走り出します。
思ったより肩に違和感が無いので、少し安心。
でも、体幹に力を入れて踏み込んで腕から肩に力が入ったり、段差の衝撃をいなせずに、肩に衝撃を受けるとまだ痛い…。


これでまた治りかけた肩甲骨が、なんかなったら笑えないので、とにかく、肩には力を入れないように、ゆるゆると走る。


1時間もすると彩湖に到着。


天気も良くなって、ロードバイク日和です。彩湖はローディで溢れていました。


荒川サイクリングロードに乗るために、彩湖の土手周回コースの方に行きます。
土手周回コースでは、ローディ達が、トレインを組んで、気持ち良さそうに走っています。


あぁ、やっぱりいいな。
ゆるゆる走るはずが、ついペースを合わせてしまう。


時計回りに半周回って、そのまま北上するつもりが、楽しくて、また南下して周回コースに入ってしまった。


自分のペースに合うトレインを探して、前の集団を追う。


あれっ?
なんか見慣れたジャージの方々が…。



この方々達はっ!

後ろからなので、どなたかまではわかりませんが、ジャージを見ると、いつも彩湖練で御一緒している、雑兵とEMHの皆様ではありませんか⁈


私が彩湖に到着したのが、9時半頃。
ツイッターでうどんさんが、彩湖練習があるような呟きをしていたのは知っていました。
たけど、彩湖練習はいつも7時〜8時頃走りはじめて、遅くとも9時頃には切り上げてしまうので、会えるかなと思いつつ、時間的に無理と思っていたのですが…。


これはなんたる巡り合わせ!
思わず、「こんにちは〜!」
と言いつつ、トレインの後ろに着こうとペダルを踏み込もうとするが、脚が止まる…。 


「ちょっと待て。」
と俺の魂が囁やく…。


今日は、リハビリライド…。
トレインに加わって、ペースが上がったら、きっと自分の性格では付いていこうとするに違いない…。


果たして俺の肩甲骨は保つのか…。




「やばい。付いて行ったら、また肩甲骨が折れる…。」


せめて、挨拶だけでもと思いましたが、追い付く前に、トレインがペースを上げて土手下コースを南下して行ってしまったので、見送って、私はそのまま北上してしまいました。


みなさん、すいません。
完治したら、また一緒に走って下さい!


さて、君子危うきに近寄らずで、
一緒にトレインで走りたかったなと思いつつ、秋ヶ瀬公園では自分を試すように、少しペースを上げて走ります。


それにしても、今日は絶好のロードバイク日和。老若男女の沢山のロードバイクが走っている。
気持ちよく走っている間に、あっという間に榎本牧場に到着しました。


ここは、いつ来ても観光客でいっぱいです。ロードバイク乗りも多いし、それに最近は、ポケモンまでもいっぱいらしい…。


私は、ポケモンよりジェラートなので、ミルクとブルーベリーのダブルをば、食べましたよ。


美味しかった…。

ちょっと休んでまた出発します。
榎本牧場までは、前も来たことがありますが、今日はさらに先に行きます。


今日は暑いくらいの日ですが、しかし、荒川サイクリングロードには、彼岸花な咲き乱れ、秋の訪れを感じました。


青空の下、サイクリングロードをゆるゆると走るのも、たまにはいいものです。
広くて整備されてる多摩川サイクリングロードと違って、荒川の方は、自然が近いような気がします。


しかし、この荒川サイクリングロード、時々道が切れて、分かりにくいのがたまに傷。
私も、いつの間にか、荒川の本流を外れて、支流の方に来てしまい、「さくら堤公園」という所に入ってしまいました。


ここは、桜の葉が落ち葉になって、さらに秋の雰囲気。
彼岸花も土手に咲き乱れていた。
少しご年配の夫婦が、ロードバイクを道脇に止めて、レジャーシートの上でご飯を食べながらそれを眺めていた。
こういう楽しみ方もいいなと思う。


自宅からここまで60kmくらい走ったでしょうか。道も分からなくなってきたし、時間も12時半を回り、そろそろ、帰り道の事を考えなくてはいけません。


元来た道を帰るのもつまらないし、かといって荒川の本流への道も知らないので、さいたま副都心方面に一旦出て、帰る事にしました。


しばらく走っていると、こんなものがっ!


なんと、川幅日本一が荒川だったとは!
てっきり、利根川とか、天竜川あたりかと…。
偶然、通りかからねば知らなかった…。


しかし、川幅2537m!
こんな感じか?


荒川でそんな広い川幅があるとは。


早速走る。川はどこだ?



川幅日本一?


※実際は写真奥から手前に走って来ましたが、路肩の無い車道で止まれなかったので、写真は反対側から、歩道を戻った時に撮ったものです。 



bremenさんに、教えていただきました。
川幅とは、実際に水があるかどうかは関係なく、堤防から堤防の間の距離!


検索すれば、google map にも載っていた。この距離が日本一!
こういう定義とは、知らなかった…。
( ¯ ∀ ¯ )ヘェー


という事なので、川幅日本一は泳いで渡れないようです…。


しかし、荒川の名誉の為に言えば、増水時は、こんな感じで、しっかり川になるようです。


しかし、鴻巣市は、この川幅日本一をしっかり町おこしに活用しておりました。
それはこれ!川幅うどん!



なんじゃ、こりゃー!
川幅うどんは、後から調べて知りましたが、荒川本体より、むしろこっちにびっくりですよ。
さいたまB級ご当地グルメで優勝した事もあるそうな。


この川幅うどん。どこで食べられるかは、鴻巣市観光協会に詳しく載っているようです。
先に知っていれば記念に食べたのに…。今度、行った時は食べたいな。


さて、その後は、さいたま副都心を通って、再び彩湖に戻って来ました。


東屋で休んでいると、横を「サイクルライフナビゲーター」の絹代さんらしき女性がロードバイクに乗ってとおり過ぎていく…。


見間違いかなと思いましたが、しばらく経って、彩湖公園の方に行くと、キャノンデールの試乗会をやっていて、絹代さんが、取材のインタビューしてました。


夕方までに家に帰りたかったので、そのまま帰ってしまったけど、別に予定があった訳では無く、せっかくなので何か試乗しておけば良かったかな…。


本日は、合計、距離 120km、獲得標高は945m、走ったけど、特に肩の痛みは最後まで出なかった。
平坦のロングライドなら、充分走れる自信がついた。


でも明らかに腕の筋力はまだ戻って無いので、下りの段差が怖い。
ハンドルを意識してしっかり持った。


次は、坂を入れたリハビリライドに行こうと思う。




ランキングの下のリンクをポチッと押していだだけると、治癒の元気が出ます!