こんにちは、りょうです。


10月10日の祝日、平地のリハビリにも慣れてきたので、そろそろ坂も上りに行こうという事で、ヤビツ峠に行ってきました。


ヤビツ峠と言っても裏のほう。まだ、ダンシングは封印中なので、あくまで緩い坂ライドです。


当日は、朝6時20分頃自宅を出発。
いつもどおり、東八道路を西進して、武蔵境通を南下。矢野口から尾根幹に入ります。


矢野口ローソンは、朝早いせいか、ローディも少なめ。尾根幹はいつもの調子で走りますが、段差はいつも以上に気をつけて、ハンドルをシッカリと握ります。


橋本を過ぎて、最初の目的地、パンパティで休憩。
食べたパンは「生ハムクリーム」というヤツ。マイナーなパンだけど、これが以外に美味しかったです。


パンパティを出た後は、宮ヶ瀬湖に向かいます。
新小倉橋を通って、串川の上に出た後、荻野パンの前を通って、宮ヶ瀬湖畔に出ます。


荻野パンから宮ヶ瀬湖湖畔まではやや登りますが、ゆっくり上がればそれ程長い坂ではないので大丈夫。
宮ヶ瀬湖では、鳥居原園地でトイレ休憩。


湖畔沿いをしばらく走って、いよいよ裏ヤビツに入ります。
少し走ると、11月からの通行止の看板がありました。


期間は11月1日から25日。
場所は、大洞トンネル手前の大洞橋から、塩水橋の間です。
ちょうど、裏ヤビツの紅葉が綺麗な時期なので、残念ですね。


裏ヤビツをさらに進んで、180度のカーブで川を渡る大洞橋の先に、改めて看板がありました。


少し進むと大洞トンネルがあります。
最初はこのトンネルの工事でもするのかと思っていましたが、特に工事を思わせる表示はなし。


このトンネルの先に、崖の法面工事を何ヶ所かやっていて、どうも通行止めはその工事の関係のようですね。


またしばらく上って、護摩屋敷の湧き水の所に来ました。
ここは、テレビの特集で神奈川?の名水一位にもなった場所。
いつ行っても、ポリタンクで水を汲みに来ている人がいます。


ボトルの水をここで補給。
ここまで来ればあと少し。ここ付近の坂をもう少し上れば、峠までは緩やかな上りになります。


ここの少し上には、丹沢の標高1,491mの塔ノ岳等への登山口入口があり、峠のバス停から歩いてくる登山客とすれ違いながら上って行きます。


そして、ヤビツ峠に到着。


峠はたくさんのロードバイク乗りで賑わっています。


少し休憩して、すぐに出発。
今日の目的地は、ここではありません。
そのまま、表ヤビツを下って行きます。


表ヤビツを下り始めて、暫くするとある異変に気づきました。木が伐採されて見晴らしが良くなっているのです。


最初は、奥多摩の風張峠のように見晴らしが良くなってよかったと思っただけでしたが、その伐採個所は一箇所や二箇所ではなく、しかも広範囲に及んでいました。


表ヤビツは南斜面にあります。
名古木から上がると、蓑毛のバス停までは日当たりがいいですが、そこから上は、殆どの道が木々に覆われていました。


暑い時期でも、木陰に入るとホッとしたものです。しかし、多くの場所で木が伐採された今、太陽を遮るものはなく、夏に上るのは大変そう。


この先、表ヤビツをアタックするなら、涼しいうちだなと、思いながら下りました。


さて、今日の目的地は、ヤビツ峠の入口の名古木交差点から、国道246号線を松田方面に5kmほど行ったところにある「なんつっ亭本店」です。
黒マー油を使ったとんこつラーメンの有名店。


ヤビツ峠に近い有名ラーメン店として、一度行ってみたかったのですが、機会がなく、今回行ってみることに。
名古木から、市街地のアップダウンを抜けていくと、246号線沿いにありました。


着いた時間が、ちょうど開店11時のちょっと前。既に開店待ちの行列がありましたが、駐車場にロードバイクを止める間に開店して、すぐに店内の待合席で待つとこに。


最初の客が食べ終わって、順次席に案内されました。待ち時間は15分くらいかな。


ラーメンの量は普通でしたので、普通のラーメンに、トッピングで、味玉子と海苔を注文。
待つことしばし。やがてラーメンが出てきました。


海苔で、ラーメンが見えない…。
すこし、海苔だけ食べてどけてみる。


味は豚骨系で、黒マー油が香ばしい。
以前、二郎のラーメンを食べた時は、辛さにビックリしましたが、こちらはそれより万人向け。


トッピンの味玉子が味が染みていて絶品。ラーメンも二郎ほどのインパクトは無いが、普通に美味しかったです。


食べ終わった後は、江ノ島方面に向かいます。
まずは、国道246号線から、1号線に向かって南下します。


県道62号線から県道71号線に乗り継いで行きますが、62号線の途中に、立派な桜並木があって、春に通ったら綺麗そうでした。
この道はメモしておこう…。


二宮で、国道1号線に合流します。
ラーメン食べた後の腹ごなしに、国道134号線の平坦な道を江ノ島までカッ飛んでいくのが楽しみで、ルート設定したのです。


…しかし、走ってみたら、向かい風だった。
(٭°̧̧̧ω°̧̧̧٭)


海沿いの道を気持ちよ〜く走る予定が、向かい風の中をヘイコラ走ります。
向かい風ではあるものの、134号線は広く、舗装も新しくなって走りやすい。

ロードバイクもいっぱい走っています。
ただ、知らないローディの後ろに付くのも申し訳ないので、基本1人で走ります。


たまにペースが合う人がいれば、一緒に走るという感じで、江ノ島までやって来ました〜。


江ノ島の公園で休憩しますが、この日は風も強く、じっとしていると寒いくらいの気候。


この後、北上して境川サイクリングロード経由で、飯田牧場にジェラードを食べに行こうかと思っていたのだけど、気持ちが萎える…。


しかし、藤沢を抜けて、境川のサイクリングロードに入ると、これまたロードバイクがいっぱい。
丁度、「ろんぐらいだーす」のアニメで紹介されたばかりのせいか、いつもよりたくさん走っています。


これなら、ろんぐらいだーすの聖地、飯田牧場にも人がいっぱい集まっているだろうな。行かねば…。
ということで行ってきました。


ジェラード店のおばちゃんも、今日はアニメの影響で凄い混んだと言っていました。
駐輪場も、ろんぐらいだーすの「FORTUNA」ジャージを着た人がいっぱい。
何故か、おじ様ばかりでしたが…。


たしか、ろんぐらいだーすは、女の子が主人公だけど、ストーリーの内容のライドのモデルはオジサンライダー達のものであるとか…。


なので、読者も女性よりおじさんライダーが多いとかなんとか…。
確かに、小径車に乗った初心者にいきなり40km走らすとか、既に女性の発想では無いな。(笑)


さて、ジェラードも楽しんだので、再び境川サイクリングロードで帰ります。
平坦な川沿いの道を気持ちよ〜く帰るつもりでしたが、しかし、ここでも向かい風でした。
(_△_;)


まあ、サイクリングロードだし、そんなに飛ばして走る必要もあるまいと、ゆるゆる走って帰りました。


途中で、アニメにも出てきたアーチ型の構造物を発見。
何かと思ったので、調べてみたら、水道橋でしたよ。



最後は尾根幹経由で無事帰宅。
今回は、
総走行距離、約191km、
獲得標高、1843m、
でした。


肩甲骨の骨折も大分良くなって来ました。坂を含めた長距離でも大丈夫。
少しずつ復活しよう!
まだ、ダンシングはダメですけどね。



ランキングの下のリンクをポチッと押していだだけると、治癒の元気が出ます!