こんにちは、りょうです。


日光への輪行ライド。
電車での道中は、ずっと曇りだったのですが、東武日光駅を降りた途端、快晴です。
そして、走り出してすぐの絶景!
もうね、山の色が違うんですよ。
緑ではなく、オレンジ色なんです。


駅を出て、山に向かって緩い坂を上がっていきます。
のぼうさんとスカイロードさんとの待ち合わせは、いろは坂の入口近くにあるコンビニに9時。
駅から7km弱くらいですが、まだ、1時間以上あるので、ゆっくりいきます。


日光に来たのは、小学校の修学旅行以来。
とても遠いという記憶があったけど、こんなに安く行けるなら、秋に限らずもっと来てみたいなと思いましたよ。


暫く走ると、二荒山神社に突き当たりました。


左折して、中禅寺湖方面に向かいますが、そこには見覚えのある赤い「神橋」がありました。


昔来た時は、もっと狭い場所にあったような気がするけど、なにぶん40年近く前ですから、かなり印象が違います。
途中にあった神社の木も太くてさすが日光。


東武日光駅から、いろは坂までの道のりは、アップダウンはありますが、緩やかな上りです。道は広くて快適。
しばらく走って集合場所のコンビニに到着しました。


今朝は、寝坊して朝ごはん食べずに電車に飛び乗ったので、ここでガッツリ朝ご飯を食べます。


そうこうしているうちに、のぼうさんとスカイロードさんが、到着、合流しました。
自走で、4~50km走って来たのに時間がピッタリで凄い。


ここからは、3人でトレインを組んで走ります。


いろは坂に入ると斜度が増してきます。
そういえば、Twitterのお知り合いのゆっこさんが、

「私でも上りきれると言いきれる坂は、連光寺坂といろは坂!」

と言っていたのを見て、来る前に「いろは坂って緩い坂なのか?」って勝手に想像して来たけど、それなりの坂だよこれ。

…って、思った所で、「あれは耳をすませばの聖櫃桜ヶ丘のいろは坂のことだったのでは?」と今更気付く自分が悲しい…。


しかし、日光のいろは坂も斜度が10%を上回ることはないので、比較的優しい坂だと思います。


まだ、下の方は紅葉していませんが、上るにつれて、葉が色付いてくるのがわかります。



第二いろは坂は上り専用なので、実質二車線あり、車は間を開けて抜いてくれるので、それほど不安はありません。


途中にある明智平の手前で、駐車場に入る車が渋滞していましたが、休日の午前中にもかかわらず、それほど車の渋滞はありませんでした。


スカイロードさんと明智平の駐車場で休憩します。
周りの景色は紅葉真っ盛りになっていました。



ここから少し上ると、トンネルにはいります。トンネルの中が上りで後から車に煽られるかもと心配していましたが、そんなことはありませんでした。


第二いろは坂のトンネルは、ほぼ平坦なので、ロードバイクで走っても大丈夫。
そして、トンネルを抜ければ、下ってすぐに中禅寺湖に到着!




時間は午前10時過ぎころ。
少し早いですが、のぼうさんオススメの中禅寺湖沿いにある金谷ホテルのコーヒーハウス「ユーコン」に100年前と同じレシピのカレー、「百年カレー」を食べに行くことにしました。


10分ほど走って到着!



中禅寺湖畔で紅葉に囲まれて、いいロケーション!






まあ、ホテルのカフェなので、お値段は少し高めですが、中はログハウス風で落ち着いたいい感じ。


みんなで、目的の百年カレーを注文しましたよ。


出てきたカレーは甘口。色々な果物が煮込んであるので、とっても複雑でフルーティな味のカレーでした。
女性にはいいかも。とても美味しかったです。


いつもコンビニ飯なので、たまにはこういう食事もいいものです。
せっかく日光まで来たのですから。


お昼ご飯を食べた後は、中禅寺湖から日本ロマンチック街道を戦場ヶ原方面に上がって行きます。


今回、車は混んでいませんでしたが、観光名所の周辺では、車が路駐しているので、注意が必要です。




そして、戦場ヶ原の手前あたりで、メインルートを外れて、秘密の小道に入ります。


この道を通れるのは、路線バスと自転車と徒歩の人だけ。
入ってみると、そこは最高のサイクリングロードでした…。


次回、至高のサイクリングロード、千手ヶ浜編に続きます!




ランキングの下のリンクをポチッと押していだだけると、更新の元気が出ます!