こんにちは、りょうです。


最近、落車とかで本格的なロングライドに行っていなかったので、紅葉の山を目指して、走ることにしました。


ちょうど、11月20日は、どうし道の駅で「いのしか祭」という、鹿肉、猪肉を食べさせてくれるイベントがあります。


猪肉は食べたことがあるので、鹿肉食べてみたいな…。


そこで道志みち経由で、山中湖、箱根と回る久々の200km超えライドにチャレンジです。


久々のロングライドなので、前日の夜から張り切ってロードバイクのメンテナンス。
チェーンはもちろん、前後ホイールのハブの清掃&グリスアップ。
ついでに落車で破れたバーテープも交換していたら、寝るのが午前2時になってしまいました。


翌日の起床予定時刻は4時で、5時に家を出るつもり。
2時間しか寝られない…。


目覚ましはかけて寝たものの、いつの間にか消していたようで、目覚めたのは6時前。慌てて用意して家を出たのは7時前でした。


当日は最高気温が20度の予報なので、ジャージは薄手の長袖ジャージの下に冬用アンダー、下は冬用ビブパンツ装備で出発。


既に、日は上がっています。


他の人のツイートを見ると、早朝は霧が出ていたようです。
また、路面はまだ濡れていましたので、条件としては、遅い時間に出たのは良かったのかも。

途中の野川の橋では川にモヤがかかっていい雰囲気。


まずは、いつもの尾根幹に向かいます。
いつも夜走ってるので、気づきませんでしたが、尾根幹も既に秋模様でした。


上に上がって行くと、雪をかぶった富士山がくっきり。


期待が高まりますが、だいたい朝はいいけど、山中湖に行く頃には、曇ってるパターンが多かったり…。


とか、考えながら走っていると、ペダルにクリートがはまらない…。


スピードプレイのクリートのCリングが折れた…。


しかし、私の場合、ペダリングの引き脚は普段、体重を抜くくらいなので、普通に走る分にはペダルに固定されていなくても、フラットペダルと同じであまり困りません。


とりあえず、次の休憩場所までそのまま走ることにしました。


津久井湖を過ぎて道志みちに入ると、紅葉で彩られた山が見えてきました。


道沿いの紅葉も綺麗。


道志みちに入ると上りがほとんどになりますが、昨日のメンテナンスのおかげか、ロードバイクの漕ぎがいつもより軽く感じます。


やっぱり、メンテナンスは大事!


道志みちの途中で、富士山の頭がヒョッコリ。富士山はまだ晴れているようです。


自宅から約70km走って、道の駅どうしに到着!


いのしか祭やってました!

…たが、大行列!
これは買うまでに1時間は並びそう…。


なので、待たずに買える、豚串&豚汁セットを買いました。
いのしか祭の為に来たんだけど、ただでさえ時間が無いのに、ここで1時間並ぶのは無理そうです。


でも、豚串も豚汁も美味しかったので満足!


さて、食後は、折れたCリングを交換します。
スピードプレイのCリングの寿命は、着け外しの多い左は、大体半年くらいで折れます。


私は、交換で新しいクリートを買った時に、折れていない右クリートのCリングを予備として携帯しています。
Cリングは、左右兼用なので、左にも使えるのです。


装着時は、Cリングの表裏に注意!
突起のところにある星印がある側が表で、ペダル側になります。


Cリングを取り付け、携帯工具のプラスドライバーで、クリートを取り付けます。


ここの締め付けトルクは、キツすぎるとクリートがハマりにくくなります。


本来はトルクレンチで規定値で締めますが、今回は昔トルクレンチで締めた時の強さをイメージして、目分量で締めて完成!


Cリングの予備を持っておいてよかった!


さて、トイレも済ませて、出発しようとした時に、来た時に鹿肉の行列の最後尾にいた人が、まだ列の半分位の所にいましたので、やはり諦めて正解だったようです。


しかし、山中湖に行く前に、ここでやらなければならないことが….。


そうです。
道志みちの駅名物、カッパの石像にお着替えしてもらって、記念撮影。(笑)

普通、ヘルメットや帽子だけなので、今回、ジャージも着ていただきました。
(笑)





さて、ブルブル震えながらの記念撮影が終わったら、いよいよ、山伏峠を越えて山中湖に向かいます。


次回、山中湖編!
はたして、晴れた富士山に出逢うことができるのか!?



ランキングの下のリンクをポチッと押していだだけると、更新の元気が出ます!