こんにちは、りょうです。


以前、自分の誕生日プレゼントととして買っておいた、カペルミュールのバーテープに先日、交換しましたので、インプレ記事を書きたいと思います。




お値段は、バーテープが、1,800円。
エンドキャップが、500円でした。

内容物はこんな感じ。
ライオンのついたエンドキャップは別売のもの。


カペルミュールのバーテープには、黒と白の二種類あります。
私は前のバーテープの色が白で、すぐに汚れてしまったので、今回は、気分転換も含めて、黒色にしました。


また、エンドキャップが別売していたので、エンドキャップが付属していないのかと思って買ったのですが、バーテープにも黒のプラスチック製のものが付属していました。


まあ、別売の方がカッコいいので良かったですけど。


ハンドルバーテープの交換方法については、以前の記事を参照頂くとして、今回は主にインプレを中心に書きます。


カペルミュールのバーテープは、革調で高級感があります。


同じ革調のバーテープでは、SILVAのヴィンテージシリーズのバーテープを使ったことがあります。



しかし、使ったのは一度だけで、あとは普通のSILVAのコルクタイプに戻してしまいました。
理由は、私のハンドルのネオモルフェは複雑な形状をしており、SILVAのヴィンテージはテープが伸びないのでハンドルに巻きにくい。(綺麗に巻けない)
革調の表面がすぐに剥げて汚くなる。
といったデメリットがあったからです。


しかし、カペルミュールのバーテープは革調ですが、伸びがあるので綺麗に巻けます。


また、握った感じも、厚さやクッション性が丁度いい感じ。


先日のいのしか祭ライドで200km以上、乗りましたが、バーテープは印字部分も含めて、擦れもなく綺麗なままです。
これは表面が艶やかなので汚れが着きにくいのでしょう。耐久性もありそうです。


別売りのエンドキャップもいい感じ。


そして、私がバーテープで重視しているのは、バーテープの末端を処理をするための化粧テープです。


普通はビニールテープで末端処理した上から、バーテープ付属の薄い化粧テープを貼りますが、SILVAはこの化粧テープが薄いアルミテープで、使っているとすぐに剥がれてきて、端がピラピラしてフラストレーションが貯まります。


しかし、カペルミュールの化粧テープは、革調で厚みがあってしっかりくっ付くようなので、それだけで好印象です。


カペルミュールのバーテープ、高品質なのに値段が安いこともあり、とても気に入っています。
後は、耐久性がどれぐらいあるか、引き続き試していきたいと思います。


なお、唯一気になったのは、別売りのエンドキャップの挿入部が固いプラスチック製で、ハンドルバーエンドに入りにくかったこと。


素手で入れるのは無理だったので、布で包んで、プラスチックハンマーでガンガン叩いて、ようやく入りました。
私のハンドルとの相性かも知れませんが、もうちょっと何とかして欲しいな…。




ランキングの下のリンクをポチッと押していだだけると、更新の元気が出ます!