こんにちは、りょうです。


最近、寒い日が続きますね。
皆様、いかがお過ごしでしょうか。
私はあまりの寒さに夜練もサボりがちで、先週の平日は遂に1日も行かなかった…。


仕事が忙しかったというのもありますが、それ以前にモチベーションが、どうにも高まらなくて…。


1月28日(土)も、絶好のロードバイク日和だったのに、朝が起きられず、結局、家の用事で1日が終わってしまいました。


翌、1月29日(日)も引き続き天気は良く、しかも、この時期には珍しく気温も高い予報。


よしっ!これは、久々にロングライドに行くか!


と自分を元気づけます。
行先は、この季節の定番の伊豆地方。
西伊豆スカイラインです。


最初は、自走で行こうと思いましたが、流石に自宅から湯河原までですら、90kmある事を考えると、行くだけで時間が無くなり、殆ど伊豆の核心部分を楽しめないことが想定されたので、結局、輪行で行くことにしました。(笑)


自宅を朝5時に出で、最寄りの小田急線の駅から輪行します。


この時点では、小田原から走るつもりでした。
しかし、小田原から西伊豆スカイラインに行くには、交通量が多いアップダウンを走って熱海か網代くらいまで行った上で、峠を越えて修善寺方面に出なければなりません。


これも時間を考えると、修善寺に着くだけでお昼くらいになりそう。
結局、小田原でJRに乗り換え、定番の函南駅から出発することにしました。 


函南駅到着が8時頃。
ここから、西伊豆スカイラインには、以前、HAOさんと走ったことがあります。


その時は、修善寺側から上ったのですが、今日は違う道を走ってみたいので、一旦、西伊豆の海岸に出てから、戸田(へだ)峠を目指すことにしました。


今日は、風も穏やか。
ここは、どこからでも富士山が見えます。
伊豆まで来ると、見える富士山の大きさが、やはり東京とは違うな。
(・∀・)b  イイネ!


函南から西伊豆の海岸は、意外に近いです。
下田街道を少し南下して、四日町を左折すれば、6kmほどで狩野川の河口の野口放水路にでます。
ここから戸田港を目指しますが、なにぶん入り組んだ海岸沿いを走る道なので、なかなか目的地に近づきません。 

横には富士山。


前にも富士山。


走っていて、いきなりドーンと富士山が現れると感動しますが、ずーっと富士山が見えてると、飽きるな…。
きっと静岡県民はこんな気持ちなのだろうか。


しかし、綺麗な海と富士山のコラボはやはり綺麗。
絶景スポットがある度に立ち止まるので、なかなか進みません。



海岸線沿いだから、戸田までは楽かななんて思っていましたが、道はどんどん山の中へ…。


やはり、伊豆の海岸線はこんな道ばかり。
だいぶ登りました。


走ってきた所を振り返れば、こんな所を走っていたんですね。
西伊豆の海岸沿いの道、侮れん。


向かい風というのもありましたが、なんか今日は身体が重く、脚も回らない感じ。
急ぐライドでもないので、ゆっくり走りましたが、結局、戸田についたのは、10時30分頃でした。


ここまでも結構、脚を使いました。
いやー、もう温泉に入って帰りたいくらい。
しかし、ここから帰るにしても、戸田峠を越えて向こうに行かなければなりません。


戸田峠に向かう前に、戸田の港にあるコンビニで最初の補給。
ここのコンビニは、お店の中にバイクラックがあって、しかも、イートインスペースもあるという、至れり尽せりの場所でした。




元々は、駿河湾クルーズの高速船の待合室だったようですが、今はやってないので、スペースを活用してるようです。


イートインで、おにぎりやカップラーメンを食べて、いよいよ、西伊豆スカイラインに向けて上ります。


港からなので、まさに標高ゼロメートルからのスタートです。
やっぱり下から見ると、高いな…。 
あそこまで上がるのか。


次回は絶景の西伊豆スカイライン編です。





レーシングチームに入りました!