こんにちは、りょうです。


ニューホイールのROVALのメンテナンスはバッチリ。
3月12日(日)は、ヤビツ峠に試走に行きました。


やっぱりね。60mmのディープホイールで、どこの激坂でもヒルクライムしてきました(笑)から、新しいホイールとの違いを、まず坂で試したいわけですよ。


ニューホイールを履いた我が愛車。


リムが黒くなったので、少しおとなしめになりました。
うーむ。やはり黒いリムには、タイヤサイドも黒い方が一体感が出ていいかな。


今回、タイヤのバルブエクステンダーの振れ止めは、コーラさんから教えて貰った、ストローを被せてます。


黒いストローってなかなか無くて、実はこれはセブンイレブンのコーヒーメーカーの所のストロー。
コーヒーを買った時に一本貰ってきました。(笑)


この黒いストローを長さ1.5cmくらいにカットして、それを縦に切って、ちょうどリムの穴の位置に来るように、バルブエクステンダーに被せてセロテープで固定します。

バルブエクステンダーをリム穴に通すとストローかクッションになって、カチカチ音がしないし、見た目もスッキリ。
これはなかなかのグッドアイデア。


自宅を出て漕ぎたしての第一印象は、軽い気はするが「ビックリするほど違う!」という感じでもない。

まあ、ペースもゆっくりだからね。

ただ、明らかに違うのは路面からの振動。マイルドになって、ヌルヌル進む感じが良い。


前記事のシマノRX31程ではないが、それに近い。リムハイトが高いと、スポークが短くなって強度は上がるが、その分固くなると聞いたことがある。


FFWDのリム60mmからROVALの40mmになって、スポークが長くなった分マイルドになったのだろうか。
ホイールが軽くて、かつ乗り心地もマイルドというのは、嬉しい。


自宅近くの生活道路を抜けて、東八道路に出ると、巡航速度も上がってくる。
すると、また違う印象が出てきた。


スピードが上がると、前のFFWDとの違いがハッキリしてくる。
やはり、信号発信などのインターバル加速は軽い分、こちらが断然楽。
また、高速巡航もリムが低くなったエアロ効果のデメリットより、回転が軽いことによるメリットが目立つ。


同じ速度域でも漕ぐために必要なエネルギーが少なくて済んでいるような感じだ。これは高速巡航でもこっちの方が良いかもしれない。


よく軽いホイールにありがちな、漕ぐのを止めると直ぐ失速するような感じはしない。なかなかの好印象だ。


道はやがて尾根幹に入っていく。
稲城側から上る最初のウエルカム坂は、いつもどおりで特別に頑張った感じでは無かったが、後でストラバを見たらベストタイムだった。
散々夜練で尾根幹を走りまくってるので、最近はベストタイムの更新は滅多になかったのにあっさりと更新。


その後は他のロードバイクに追いついたので、淡々と上る。
こういう坂では、やはりホイールが軽いというのは正義だ。
いつもより軽い力で上がれてるのが分かる。この前がRX31だったから、よりそうした印象が強いのかもしれない。


これは今日のヤビツ峠も期待できるかもしれない。


尾根幹の途中から、町田方面に左折して、ダウンヒルで下りていく。
下りでのホイールの強度は問題ない。


また、リム高が低くなったので、横風にも明らかに強い。また、横風でもホイールの回転抵抗が増える感じが少ないのは、やはり丸スポークの効果か。


いずれにせよ、ハンドリングへの影響が少なく、下っていて不安はない。


勢いをつけた上り返しも、スピードが持続する感じで、いつもより先まで勢いが落ちない感じだ。


これはいいね!

でも、これに慣れてしまうと、あまり踏まずにより速く走れてしまうから、身体がサボる事を覚えてしまうような不安も感じる。


やはり、練習用と決戦用は分けるべきか…。

いつも自己ベストを目指して、追い込み続けるなら、決戦用を普段履きでもいいかもしれないが、速い気になってチンタラ走っていたら強度が落ちる気がする。


普段はRX31で走るというのも、選択肢として考えた方が良いかもしれない。



相模川を渡ると、目指す大山が見えてきた。
当日は午前中から晴れ。15時くらいから曇とのことだ。
気温も上がってきた。


今日は、冬用アンダー上下にチネリの夏ジャージ、その上にレリックのベストという出立ちだが、朝は少し寒かったが、昼間はちょうど良い。
一応、ダウンヒル用に、ウィンドブレーカーも持ってきた。


国道246号線を走り、ヤビツ峠入口の名古木(ながぬき)を目指す。
高井戸の自宅から名古木まで70kmくらいか。


ちょうど、名古木の手前の善波峠の手前で速いロードバイクに抜かれたので、少し距離を取って後ろをついていく。


休憩は、善波峠の入口にあるセブンイレブンで取ろうと思っていたので、そこまでのつもりだったのだが、なんと目当てのコンビニが閉店していた。


名古木のセブンイレブンだと、補給したものがエネルギーになる前に上り始めなきゃいけないので、補給は善波峠入口のセブンイレブンが良かったのだけど、残念。
バイクラックもあって良いコンビニだったのに…。


そのため、その速い人について、そのまま善波峠を上るはめになってしまった。


これからヤビツアタックするんだから、脚をためる為にサッサと千切れればよい話なのだが、なんか、ニューホイールの性能を試したくて、頑張って付いていってしまった。

脚は削れましたが、おかげで善波峠でプライベートレコード取れました!

でも今日はヤビツアタックに来たのだから意味無いよな…。


善波峠のトンネルをくぐって下るとすぐに名古木に到着。
なんか久々に来たわ…。


朝遅くなってしまったので、もう11時だが、今日は天気も良く、名古木のコンビニにはロードバイクがいっぱい。

みんな好きだな〜。速そうな人ばかりに見える。

補給(ブルベじゃないけど、プリン!)とトイレを済ませて、いよいよヤビツアタックです!



ランキングの下のリンクをポチッと押していだだけると、更新の元気が出ます!  



レーシングチームに入りました!