こんにちは、りょうです。


4月16日(日)のレースに向けて、夜練で走りこむなど、2キロ程身体を絞り込みました。
予定では、更に2キロ絞りたいと思っていましたが、直前の木曜、金曜に、外せない飲み会が連続で入ってしまいました。


飲み会に出ても、飲まず、あまり食べずで減量する!


と無駄な抵抗を試みますが、まぁ、酒と食べ物を目の前にしてそんなことはできませんね…。


すっかり、減量分を戻してしまいました。(笑)


体重が減らないならば、機材の軽量化を!


というわけで、前日の土曜日、愛車に色々と取り付けてある装備品を片端から外していきます。


元々レースの規定ではライト、ベル、サドルバッグなど不必要なモノは外すよう定められています。


今回はコース12周、約13〜4kmの距離なので、サイコンとともに規定では着けていても大丈夫ですが、ボトルケージも外してしまいます。 


外した装備品をあらためてみて、こんな重さの物をいつもくっつけていたのかと驚きです。
重量は軽く1キロは超えそうです。


装備品を外したら、次は、ギアトレイン周りの整備です。
動くところは、チェーンはもちろん、ホイールのベアリングを含めて、清掃&グリスアップをしました。


その他にも、サドル、ハンドルなどのボルトを規定トルクで締め増しをしておきます。


整備を終わったのが夜の9時でしたが、一応確認のために、試走に行きました。


公道走るための最低限の装備はつけていますが、無駄を取り払ったロードバイクは精悍な感じです。


レース前日なので、あまり追い込むつもりはありませんでしたが、レースディスタンスを意識して、皇居を二周ほど走りました。


やはり、軽いは正義ですね。
インターバル加速も上りも軽快な感じです。


何かと物欲で色々買ってしまい、ロードバイクに取り付けるのはいいですが、一方で機材単体の軽量化に一生懸命投資するというのも矛盾かもしれません。


皇居周回で信号待ちしている時、ロードバイクの何人かの集団が、後ろから信号無視して突っ切って行きました。


信号の変わり目とかではなく、赤信号の真っ最中に堂々とスピードを緩めることもなくです。


確かに皇居周回コースは、信号があっても右側からのT字路ですから、危なくないじゃんという気持ちも分かりますが、進路を横切るように横断歩道を歩行者が渡ることはあるわけで、信号無視は事故につながる危険な行為であることには変わりません。

 
最近、信号無視するロードバイクは減ってきたように思ってたんですが、まだいるんですね。


練習なら、信号ダッシュのイーターバルでも十分追い込めるのにな。
それなりの上級者っぽい人達だっただけに残念。


かっこよさは速さに比例するものではないけど、


速さは、モラルや安全意識と比例してこそカッコ良いと思う。


私の勝手な思い込みですけどね。


さて、その後、家に帰ったのが23時30分頃。
それから当日の荷物をバックパックに詰め込んで寝たのが0時30分。


翌日は3時に起きなくてはいけないので、2時間半しか寝られないと思うと、床に着いてもなかなか寝着けません…。


悩んでいるうちに気付いたら3時の目覚ましが鳴り始めてしまった感じで、どれぐらい寝られたのかよく分かりません。


とにかく起きて準備を始め、3時50分頃に自宅を出ました。


自走で東京駅に向かいます。
今回は東京駅から輪行で大磯まで行くつもりです。


当日は明けの明星が皇居の堀に映るほど晴れで風もない穏やかな天気。
一時は雨予報でしたから良かったです。


4時40分ころに東京駅に到着。


輪行のしたくを整え、無事予定の5時20分始発の電車に乗ることができました。


大磯駅には1時間程で到着。
今回、受付は9時まででしたが、こんなに早く来たのは、7時30分から始まるコースの試走に出るためです。


大磯駅を出で、7時前に会場の大磯ロングビーチに到着! 
さあ、いよいよ大磯クリテリウムが始まります!



ランキングの下のリンクをポチッと押していだだけると、更新の元気が出ます!  



レーシングチームに入りました!