こんにちは、りょうです。


自分のロードバイクには、Mr.CONTROLのビッグプーリーを取り付けているのですが、メンテナンス上の問題がありました。


この度、無事解決したので、同じ問題でお困りの方向けに、ご参考までに情報共有の記事を書きたいと思います。


何が問題かと言うと、これです。

ビッグプーリーのテンションプーリーを留めているボルトの雌ネジがプレートの裏に取り付けてあるのですが、これがプレートに対してクルクルと回ってしまうのです。


締め付ける時は、表側から六角レンチでボルトを締めるだけで締まるのですが、ボルトを緩めようとすると、雌ネジがボルトと一緒にクルクルと回って緩みません。


このため、テンションプーリーが外せず、ベアリングのメンテナンスができませんでした。


これを外すためには、何が工具で後ろから固定する必要があります。
ショップに相談したところ、ペグスパナを改造するしかないとのことでした。


まず、普通のペグスパナを買って来ます。


普通のペグスパナはこんな形をしています。


しかし、これだと真ん中の突起が邪魔になって、雌ネジの溝を押さえることができません。


そこで、真ん中の突起を削る改造をします。
これは、金属ヤスリで根気よくガリガリと削るしかありません。
あるいは、リューターと言われる削り機があると少し楽かも。


私は100円ショップで600円の電池式リューターを買って来て、根気よく削りました。


こんな形にします。


これで、真ん中のボルトとの干渉が無くなって、雌ネジの溝を固定することができるようになりました。


これで、裏から雌ネジを固定しながら、表のボルトを六角レンチで緩めると、無事、テンションプーリーを外すことができます。


同じ問題で困ってる方がいましたら、参考にして下さいね。


因みに今回買ったパクツールのペグスパナは、両端に突起が付いているので、片方削っても、もう片方は普通のペグスパナとして使えます。



ランキングの下のリンクをポチッと押していだだけると、更新の元気が出ます!  



レーシングチームに入りました!