こんにちは、りょうです。


表ヤビツを上った後、宮ヶ瀬クリテリウム会場にやって来ました。


私はエントリーしなかったんですが、ツィッターのお知り合いやチーム雑兵のメンバーがエントリーしているようです。


到着してすぐ、カツパパさんとお会いしました。
残念ながら、カツパパさんのレースは既に終わってしまったそうです。
はつらつとしたパワーがありそうな方でした。

また、どこかのエンデューロレースでご一緒する機会がありそうですね。
その際はよろしくお願いいたします!


宮ヶ瀬クリテリウムのレース会場に到着したのが、午前10時過ぎ頃。
暫くして、TAQMIさんとulvamさんも無事到着しました。


ちょうど、ビギナークラスが始まったので、私はゴール付近に陣取って観戦します。


宮ヶ瀬クリテリウムのコースは、珍しく高低差があるコース。


コースのうち、長い直線が終わって、フィニッシュラインに向かう所から山に突き当たっての直角カーブの所までが斜度6〜7%くらい?の上りになっています。
その後、メイン会場に向かって下っていく感じ。


特に午前中はコースの一部がまだ濡れていて、コースのうち、長い直線部分がカットされ、メイン会場前のクランクからすぐ上りに入るコースになっていました。


そして、コース短縮に合わせて、周回数が増やされるという、ほぼ上りと下りしかないという、クライマーズクリテリウムコース!


それなりの斜度があるのですが、みんなものすごい速さで上がっていきます。



既に行われているレースを見ていると、高低差があるため、通常のクリテリウムに見られるようなトレインがあまりできません。


スピードがあまり出ないので、後ろにいるメリットより、メリットが少ない反面、上りでの脚力の差が出やすく、集団がバラけてしまうようでした。


しかも、クリテリウムでは先頭が最後尾に追い付くと、後ろの人は足切りでレースを外されてしまうのですが、午前中のコースは一周が短いため、なんと出走者の半分くらいが足切りされてしまうという、サバイバルレースになっていました。


正直、私が出場していたらすぐに爆死していたと思います。
_(:3 」∠)_ 


とあるレースでは、ずっと一人で頑張って独走して逃げていた選手が、上りで脚が売り切れたのか、ラスト2〜3周で失速。最後は入賞も逃してしまったが、ナイスファイトでした。


とある選手は、スタート直後、50mも走らずに、チェーンが外れ、そのまま足切りにあうという悲劇…。これは別の意味で辛い。
(´;ω;`)


やがてビギナー第2組のレースが始まりました。
チーム雑兵からは、シンクさん、チョーナンさん、ボリコーさん、伊藤さんの四人が出場。


スタート後、飛び出して最初から鬼引きしたのがチョーナンさん、それをシンクさんが追います。


チョーナンさんはこの前の川崎マリンエンデューロを一緒に走ってましたから、2週連続でのレース!
タフだな〜。


二人が断トツの速さ。
遅れる選手が次々に足切りに…。


しかし、ゴールが近くになるにつれ、先頭では、じわじわと差を詰めて来たシンクさんが最後には逆転して一位でゴール!

いやー凄かった!


でも出なくて良かった…。


さて時間はお昼を過ぎて、その日夕方までに家に着かなくてはいけなかったので、そろそろ帰らなくてはいけません。


チーム雑兵の皆さんのいる所にちょっと寄ってご挨拶して帰りました。


みつ隊長は姿をお見かけしましたが、ちょうど試走コースでレース前に集中している感じだったのでご挨拶できず、申し訳ありませんでした。

応援できませんでしたが、みつ隊長のレース状況は、こちらのブログ記事で楽しく読めます。

やっぱり上位カテゴリーは凄い…。


帰りは尾根幹を通って無事帰宅。
今回のライドは、

総走行距離 148.75km
獲得標高   1349m

でした。




ランキングの下のリンクをポチッと押していだだけると、更新の元気が出ます!       



レーシングチームに入りました!