こんにちは、りょうです。


今年の目標であるSR(スーパーランドナー)取得に向けて、9月16日、BRM916スーパー日本海600に参加してきました。

     

ちなみに、私が参加したブルベは、これまで全て雨…。

全く嬉しくないですが、今回も雨なら、スーパーレインランドナーを自称しようと思います。


今回も台風が接近中ということで、嫌な予感しかしません。
念のため、天気予報で台風の進路を事前にチェック。


おお〜っ!
いいぞいいぞ。

台湾の方々には申し訳ないが、せめて一度くらい晴れのブルベを走らせて下さい神様!


しかし、喜びも束の間、その翌日…。


急カーブって、なんじゃそりゃぁ〜〜!

ブルベコース直撃じゃんか…。


SRに向けた最後の仕上げのブルベが台風とは…。

これは神様が、

「これを乗り越えてこそのスーパーレインランドナー(自称)じゃ。」

という試練を課しているのか。
(´-`).。oO (カミサマ、チョットシレンガオオスギマス…。)


9月15日(金)、先日の休日出勤の代休をもらったので、ブルベの準備も万端。

今回は、キュウシートを100均で買った簡易ラミネートシートに挟んで雨でも見やすくしました。


これにパンチで穴を開けてリングで束ね、それを輪ゴムで繋いで、ハンドルに引っ掛けました。
思いの外、走行中も安定して見やすかった。


念のため直前に雨雲の状況を確認する。
幸い、雨雲は本州の南側に進んでいて、ブルベコースの新潟方面は、しばらくは保ちそう。

行けるとこまで行って、ダメならDNFするかと、決行を決める。


スタートは今夜、土曜日の午前2時だ。
17時ごろから寝るが、寝つけない。

昨日、生活サイクルを夜型に合わせようと、敢えて朝まで起きて、金曜日の夕方から寝るつもりだったのに、寝られないのはマズイ。

そして、マズイと思うほどに、また寝られない…。

結局、1〜2時間も寝ただろうか。
寝られないので、早めに起きて装備を確認して、自宅を0時ごろ出発する。

天候は曇り。
気温は現在、17度程度。
明日も最高気温は22度程度で涼しいらしい。


山の上はさらに寒いだろうから、服装は悩んだが、半袖ジャージの下に長袖のインナー。
パンツもショートパンツだが、レッグウォーマーは持って来た。
寒ければ更にレインウェアを着ればいいだろう。


愛車はブルベ仕様。
大きなサドルバッグを着け、収納場所を見直した結果、トップチューブのバッグがいらなくなった。
ペダリングの時に邪魔になる物がなくなって良い。



ライトをハンドルの上につけて、フロントバッグとの干渉を防止。


キューシートは大きめの輪ゴムでハンドルのライトに括り付けて固定した。
この方式は、風の抵抗も少なく見やすかった。


1時ごろにスタート場所の稲城市大丸公園に到着。
夜練で走る蓮光寺の坂の近くなので迷うこともない。

到着すると既にたくさんのライダーがたむろっている。


今回、主催者が用意してくれた、おにぎり型の反射シートを購入して取り付けた。


海外のブルベライダーはよくつけている装備で、欲しかったので丁度良い。



これで夜間走行時も安心だ。

1時30分からブリーフィング開始。

今回のメンバーは悪天候が予想される中で、あおばのスーパーが付く600ブルベを走ろうという人々なだけに、猛者ばかりな感じだ。


きっと、みんな「崖から蹴落とす側」(前記事参照)の人達に違いない…。
認識せずにエントリーした私を除いては…。


今回、エントリーは58人いたが、出走者は35人だそうだ。
参加者には女性もいる。


主催者からルート上の注意点の説明がある。みんな真剣だ。

その後は、人数が少ないので順次車検を受けた人から出発する。


私も第一集団で走り始める。

街中のルートはこの前試走済みなので、迷う事なく走り抜ける。


最初は10人以上いた集団も一人抜け二人抜けしているうちに、気づいたら、私を含めて3人に減っていた。


何しろ、先頭を走る人のペースが速い。
郊外ともなれば、40km/h近いスピードで巡行している。
向かい風でも35km/hを下回らない。

ヤバい人の後ろについてしまった。(汗)

と気付くが、気づけば3人だけになっていて、後ろの集団とは相当離れてしまっている。


今更落後して夜の道を一人で走りたくなかったので必死について行った。
ペースが落ち着いてきたら、先頭に出て交代しようとも思ったけど、ずっと速いままでした。


そのペースを維持するのはとても無理だったので、出来ませんでした。
申し訳ありませんでした。


結局そのままのペースを維持して、スタート地点から約100kmの第一PCであるセブンイレブン高崎城山団地入口店に到着。


到着時間は5時30分。
なんと100kmを3時間半で来てしまった。
時間はかなり稼げたが、脚も消耗してしまった。


後ろに付かせて貰ってありがとうございます。

とお礼を言うが、先頭の方は、コンビニで何か買ったと思ったら、5分と休まず直ぐに飛び出して行く。


この後は、第2PCまで200km。途中にある補給が推奨されてるコンビニまででも、ここから140kmある山中のDeath区間。

このままついて行ったらマズイと、直感が叫ぶので、お見送りする。


しかし、世の中には凄い人がいるもんだ…。


私は、トイレと補給をしっかり済ませて出発。
ここからは一人旅になる。


一人になってから、山から吹き下ろす向かい風がひどい。

群馬のからっ風というやつか。
途端に速度が30km/hを超えなくなってしまった。

さっきの人はこんな風の中を35km/h以上で走っていたので、つくづく凄いと思う。


渋峠に自走で行く時は、ここから分かれるのかな。


この前、試走ついでに渋峠に自走で行くとか言って出たけど、ここからも結構山の中を走る必要がある。


パンクで早めにDNSなって良かったかもしれん…。
でも一度自走で行ってみたいな。


いよいよ道は、三国峠への本格的な上りになってくる。


昨日の寝不足のせいか、スタートして何時間しか経っていないのにもう眠い。


ただ、この時はこんなツィートしてる余裕がありました。


しかし、この後、あおばのスーパーブルベと言われる所以が本領を発揮し、そんな余裕は無くなるのです。



次回、スーパー日本海600。いよいよ山の中編!果たして日本海は拝めるのか…。



ランキングの下のリンクをポチッと押していだだけると、更新の元気が出ます!       



レーシングチームに入りました!