こんにちは、りょうです。


最近、どうもブレーキの効きが悪くなってきたので、ディスクブレーキの点検をしました。

先ずは、ブレーキパッドの点検。
ブレーキパッドは、キャリパーのボルトを外せば引き抜けます。


見てみると、パッド自体はまだ大丈夫でした。


シマノのマニュアルでは、パッドの厚みの交換目安は、0.5mmです。
交換が必要な厚みになると、パッドを広げる役目を果たす金具がローターと接触して、

ギギィー!

という音を出して交換時期を知らせることになっているのですが、まだその音か鳴っていなかったので、おかしいと思っていました。

パッドが原因でないので、今度はローターを目視点検。


写真だと分かりにくいですが、ローター面が削れて下地が見えていました。

シマノのローターは、耐熱性と強度を両立するため、下地の金属(アルミ?)に、ローター面の別の金属を貼り付けている構造になっています。

ローター面の金属が削れてしまっているので、そろそろ交換時期のようです。

シマノのディスクブレーキは、センターロックなので、ローターの交換は、ホイールを外して、スプロケットのロックナット回しで、外すことができます。


取り外したローターと、買い置きしていた新品のローターとの比較です。


逆の手順で新しいローターを取り付けます。
ブレーキパッドの方はまだ使えるのでそのまま。


ホイールを取り付けてブレーキをかけてみますが、レバーの握りがまだスカスカする感じなので、ブレーキレバーの引きしろ調整をします。


ブレーキレバーの引きしろ調整は、まずレバーの上にあるネームプレートという部品を外します。

シフターのゴムを捲って、ネームプレートのボルトを回すと外れます。



ネームプレートの下から出てきたレバーの根元にあるボルトが、レバーの引きしろ調整のボルトです。


これを回してレバーの位置調整をします。これまでレバーを引いた時に、ハンドルに当たっていたので、当たらないように調整すると、キチンと油圧がかかって、ブレーキもしっかり止まるようになりました。

同じように、リアブレーキも点検します。
パッドもローターもまだ大丈夫でしたので、同じようにブレーキレバーの引きしろを調整して、ブレーキがキチンと効くようにして整備完了しました。


油圧ブレーキの場合、ある程度のパッドの減りは、油圧システムで吸収してくれますが、一定程度を超えると、このようなレバーの引きしろ調整が必要になります。

それでも、普通のワイヤーを使ったキャリパーブレーキよりは、普段のメンテナンスは簡単かも知れません。


油圧ディスクブレーキというと、難しそうですが、ご覧の通りパッドやローター交換は簡単。

3年使ってみて、ブレーキの握りが軽いし、普段のメンテナンスは簡単なので、女性に油圧ディスクブレーキは向いていると思うんです。


油圧のオイル交換なんて2年に1度くらいで良いので、そういうものはショップにお願いすれば良いですからね。



ランキングの下のリンクをポチッと押していだだけると、更新の元気が出ます!       



レーシングチームに入りました!