こんにちは、りょうです。


道の駅 ちくら潮風王国を出た後、外房の海沿いをトレインで快調に走ります。


やや追い風になったこともあり、ペースは往き以上に上がる。

この時間帯は、MさんとUさんが積極的に引っ張っていた。

MYさんは、暑さのせいか少し元気がない。
そういえば、去年の11月以来100kmを超えて走っていないと言っていた。

…が、私が思うに、やはり金剛Tシャツのせいではないかと思う。
腹筋鍛えながらロードバイクで走るのは辛かろうと思うのだ。


一方、私は金剛Tシャツどころか、ビブで締め付けないお腹をタプタプいわせながら走る分だけ楽であったが、まだかき揚げがようやく喉元から胃袋に落ちつつある所だった。


どうせなら、あまおうソフトの味を反芻しながら走りたいものだが、甘いものは別腹らしく、残念ながら、あまおうソフトは素早く胃に吸収されてしまったようだ。

IMG_7828

千葉の道の良い所であり、悪いところは信号が少ないということだ。


ゆっくり走る分にはこれが気持ち良いのだが、疲れてくると、早く赤信号出てこいと思うのは人間の勝手な性である。


しかし、車も信号も少ないのは基本的にはロードバイクにとって気持ちの良いことであり、それに伴ってペースも落ちないまま、山に入る前のラストコンビニに到着した。

IMG_7829

しかし、ここでMYさんの脚が遂に終わってしまった。

先ほどの
「ここが今日の僕の目的地です。」
はこれを見越していたのだろう。


この先はしばらくコンビニもない山の中を走ることになる。

MYさんは迷惑かけたくないと輪行で帰る決断をしたのだ。

グループライドでペースを落とすことは別に迷惑とは思わないので、周りも留意したのだが、MYさんの決意は固かった。

幸い、ラストコンビニの場所は、山を越えれば館山まで10km程度だったので、館山から輪行で帰れることが分かった。


それぞれに分かれて出発する。


MYさん、今日はありがとうございました!
また一緒に走りましょう!


MYさんと別れた後、3人は千葉の山の中に向かう。


コンビニで休んでいるうちに、かき揚げは完全に胃の中に落ちて、私も調子が出てきた。

この季節の千葉は菜の花の季節だ。

IMG_7830

綺麗な景色は元気が出る。
写真は撮れなかったが、道の両側に(河津?)桜が満開の場所もあった。

千葉の山といっても、標高はそれほど高くないので、峠の高さもしれているが、アップダウンがずっと続く。


とある山の中では急に牧場が現れた。山の斜面にヤギと牛が飼われている。

IMG_7835

近づいてみると、何と日本での酪農の発祥の地ということだった。
これは、知らなかった。

IMG_7837

その後も峠や丘を越えて、走り続ける。

すると、ガンガン先頭を引くなど調子が良かったUさんが、遅れだした。
力が入らないという。

これはハンガーノックの兆候だ。

とりあえず、自販機を見つけて、コーラでも飲もうとなったが、山の中故、自販機が見つからない。


かなり走ってやっと自販機を見つけることができた。
私もボトルの水がなくなりかけていたなで補給する。

Uさんには念のため、私が持っていた補給食を渡した。
私は補給食だけはいつも余って持って帰る程持っているのだ。

Uさんもブルベのベテランである。
休憩毎に食べているが、どうしてこうなったのか、よく分からないという。


いつもと同じようにしていても、その日の天候や調子によって違って来るのかもしれない。


山に入る前のコンビニを出た後のUさんは、むしろ調子よく見えた。
ハンガーノックを防ぐためには、「腹が減る前に食べる」が原則というが、なかなか加減が難しい。

幸い、自販機の飲み物と補給食でUさんも復活し、何とか山を抜け街のコンビニに滑り込んだ。

ゴールはここから更に約100km。
まだ先は長い。


そしてこの後、私にもMさんライド最大の試練が降りかかるのであった…。



ランキングの下のリンクをポチッと押していだだけると、更新の元気が出ます! 



レーシングチームに入りました!