こんにちは、りょうです。


今回は、シュワルベのタイヤレバーのインプレッションです。

FullSizeRender

シュワルベのタイヤレバーは、タイヤを外す時だけでなく、タイヤをはめる時にも使える便利なタイヤレバーです。


使い方はここに詳しいけど、力がない人でも簡単にタイヤがはまるので、女性にもマジでお勧め。


私も実際にタイヤ交換に使ってみましたので、やり方を紹介します。

まず、タイヤの外し方は普通のタイヤレバーと同じです。

IMG_8001

フックでタイヤのビードを引っ掛けて、テコの原理でリムの外に。

IMG_8002

IMG_8003

レバーの横の窪みは、スポークに引っ掛けて固定するものです。
このように固定して、もう一本のタイヤレバーを使います。

IMG_8004

3本目のタイヤレバーで同じように外していきますと、タイヤのビードがリムからびろーんと外れますので、後は手でやっても大丈夫。

FullSizeRender

片方のビードを全部外したら、後はチューブを引っ張り出して交換します。

チューブをタイヤの中に入れて、リムにタイヤのビードを入れていきます。


ある程度手で入れていって、残り4分の1周ぐらい残ったら、シュワルベタイヤレバーの登場です。

使う部分はここ。

IMG_8006

クリップになってる所を押し込んで、リムに引っ掛けます。

IMG_8018

タイヤのビードが外に出てる部分を挟む様にもう一本のタイヤレバーを同じように引っ掛けます。


手でビードを押し上げてリムの中に落としていき、落ちたらその分レバーをスライドさせます。

手でビードを落とす範囲は、無理せずに出来る範囲で構いません。

IMG_8019

最後に、こんな感じで、手ではビードをリムの中に落とせない部分が残ります。

FullSizeRender

いつもはここから手で押さえつけながら力技でやるんですが、力の弱い人には厳しいですよね。

しかし、今回はシュワルベタイヤレバーを使って、両側をクリップで押さえているので、後は、もう一本のレバーを使って、テコの原理でぐりんと入れるだけ。

FullSizeRender
FullSizeRender
FullSizeRender

FullSizeRender

まだ、ビードが外に残ることもありますが、ここまで来れば、入ったも同然。
指でビードを少し押せば、それ程の力はかけずにリムの中に落ちます。

FullSizeRender

レバーを外して完成!

FullSizeRender

一応、この後、タイヤにチューブが挟まっていないか確認して、タイヤに空気を入れれば完成です!

実は、シュワルベのタイヤレバーを前から持っていたのですが、今まで、タイヤをはめる時の使い方をよく知らず、力技でビードを全部入れてました。

改めて調べてやってみましたが、これは便利!

力がない人でも簡単にタイヤを嵌められますので、女性にはいいかもしれません。

パンク修理でタイヤをはめるのに苦労していた人は、是非使ってみて下さい。




ランキングの下のリンクをポチッと押していだだけると、更新の元気が出ます! 



レーシングチームに入りました!