こんにちは、りょうです。


大磯クリテリウム第6戦 シニアクラス、レースはラスト2周に入った。

集団中程で仕掛けどころ探っていたのだが…。

IMG_8111

チャンスはいきなり目の前に転がってきた。


集団の6~7番手あたりで11周目のシケインを抜けた後だった。


ホテル側のストレート入口で、前にいた5~6人の選手が一斉に

「どうぞ、どうぞ。」

を始めたのだ!


前方の選手達がササ〜ッと、横に消える。

まだ集団の後にいたので、先頭が回ってくるのはもうちょっと先と思っていたのだが、突然前には誰もいなくなった…。



ええっ!?俺が先頭なの!?


と、ダチョウ倶楽部の上島竜兵になった気分で戸惑ったが、

みつさんの

早めに仕掛けるべし!


というアドバイスを思い出した。


むしろこれはチャンス!

とばかり、先頭に出て一気にペースを上げる!

ホテル側のストレートをハイペースで駆け抜け、小田原コーナーを回る。


もうすぐラストラップ。
当然であるが、他の選手も必死に追ってくる。


先頭に出ても、タダでは後ろに付かせない。
譲ろうとペースを緩めた時に私が加速して飛び出したから、追い付くにはそれなりに脚を使わせたはずだ。

海側のストレートに入り、チラッと後ろをチェックすると背後に付かれているようだ。

肘で、後の選手に先頭交代を要求、先頭を交代する。


この時点で3人程が、1パックとなって、少し先行した。
私は先頭に続いて2番目につける。
後で知ったが、私の後には、先程逃げていたN氏が張り付く。

ラストラップのジャン(打鐘)が鳴る。


2番手のまま、平塚コーナー、そしてシケインと抜けていく。

3人と後ろの集団との間は少し開いている。

ホテル側のストレートに入った所で、先頭の選手から再び交代を要求される。


もう迷う場合ではない。
譲り合いもいらない。
今はラストラップなのだ!


ここじゃぁ〜っ!


先頭に躍り出ると更にペースを上げた。
ホテル側のストレートを駆け抜け、先頭のまま、小田原コーナーに進入する。


最終コーナーで横に並んでくる者はいない。
遠慮なく、コーナーを最速ルートで回っていく。

愛車のコルナゴは、ハンドルにしがみつくと曲がらないが、コーナーでハンドル荷重を抜いてやると、スピードを維持したまま、切れ込むようにスっと曲がってくれる。

乗り手次第で能力を発揮してくれるこのフレームの好きな特性だ。

レースでもコーナーリングで前との差を詰めることが多い。

最終コーナーをクイックに回る。
コーナーで若干の差を作ってラストスプリントの直線に入り、ダンシングで加速する!


ゴールが見える!

ラストスプリントでの先頭の景色!
前には誰もいない!

一瞬、

えっ?
 俺、勝っちゃう?

と意識する。



脚は限界まで回している…。



とても苦しい…。

もう脚を緩めていいんじゃないか。

と思う自分がいる。


しかし、そう簡単には勝たせてくれるはずもない。


視界の片隅で後から横に上がってくる選手がいる。
先程まで先頭を一緒に引っ張っていた選手か…。


ここで頑張らなきゃどこで頑張るんじゃぁ〜〜!!

と魂が叫ぶ!



脚を限界で回し続ける…。



脳裏に「アンダルシアの夏」というロードバイクレースのアニメ作品がよぎる。

レース中、余裕あるクールな態度の選手たちが、ゴール前でのスプリントでは、鼻水や涎を撒き散らし、顔をガクガクさせながら全力でスプリントする姿だ。


昔観た時は、
「ははっ、オーバーな表現だな。(笑)」
なんて思ったものだ。


オーバー?

今は、鼻水や涎どころか、脳みそ沸騰して意識まで飛びそうだよ。

こんちきしょぉぉ〜〜!!




( ‘ω’) ウオオアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアーッッッッッッッッッッッッッッ!!



脚を限界で回し続ける…。



横から上がってきた選手を引き離し、再度抜け出る。

ゴールが近づく!
残り100m!


上り基調のゴール前の正念場だ。
チラリ横を見るが、誰も来ていない様に感じた。


行けるかも!


今思えば、ここで気持ちの緩みが出たのかもしれない。

もちろん、



脚は限界で回し続けている…。



しかし、ギアはまだトップが残っていたように思う。

クリテリウム用に、11-23Tを着けていたはずなのに活かしきれていなかった。

ゴール前のラストスプリントだ。
最後にもう1段ギアをトップに入れて、ダンシングでダメ押しのスプリントをかけられなかったのか?

今となっては、悔やみ事に過ぎない…。

IMG_8062

ゴール、40~50m手前だったと思う。
すぐ横から、N氏の赤いTREKがスっと上がってきた。

後から来ていることに全く気づかなかった。

IMG_8061

チラリと横をみて、刺されつつある事に気付くがもう遅かった。

IMG_8064

脚は限界で回し続けている…。



自分では更に目いっぱい踏み込んでるつもりだったが、脚は既に限界で回していたので、加速は鈍い。


しかし、ここはギアをもう1段トップに入れて、ダンシングでのスプリントに切り替えて、もがき倒すべきだった。


限界のその先で更にもがく!

勝利に必要とされる事だ。
分かってるはずだ。

しかし、出来ていなかった…。


結局、ゴール直前で刺され、N氏が先着でゴール!
そして、私は2位だった…。

レース終了後、ヘロヘロになってる私。

IMG_8114

しかし、表彰台とったど〜!

チーム雑兵の皆さんから、暖かいお祝いの言葉を頂く。

みんなと参加したから、楽しんで頑張れました。
ありがとうございます!

また、バスさんを始め、皆さんに素晴らしい写真を撮って頂きありがとうございました!


いや〜、レースでバスさんに綺麗な写真を撮って貰えるだけで、チームVIVA雑兵に入る価値ありますと断言する!


もちろん、みつさんの実戦向けアドバイスも素晴らしいっす。


チームVIVA雑兵の皆さん、本当にありがとうございました!

大磯クリテリウム初めての表彰台。

IMG_8123

表彰状と副賞は自転車用の靴下。
ちょうど新しいのが欲しかった。(笑)


大磯クリテリウムの表彰台だ!
今年の目標を達成した!

しかし、悔しいっ!

これは来月も参加せねばなるまい…。


人間、願望を叶えると、また次の願望が出てくるものですね。

しかし、願望や欲望は進歩の原動力。

ここで私の好きな言葉を…。

努力しても成功するとは限らない。
でも成功するやつはみんな努力している。
(読み人知らず。)


チャレンジしなければ何も始まらない!


Σd(・ω・d)ォゥィェ!!!



大磯クリテリウム第6戦 シニアクラスの動画です。激闘の軌跡がこちらに。




レースにチームで参加すると楽しい!
雑兵メンバーの皆さんも大活躍!

次回は、大磯クリテリウム応援記!



ランキングの下のリンクをポチッと押していだだけると、更新の元気が出ます! 



レーシングチームに入りました!