こんにちは、りょうです。


無事ゴールした「チーム黒毛和牛A5」ですが、これからゴール受付兼交歓会がある日比谷コミュニティセンターに行かなくてはなりません。


もう、360kmも走ってると西船橋と日比谷なんて近くに感じて、輪行するのがめんどくさいので、みんなで自走で行く事になりました。

でもね…。

実際に走ると、ゴールして気が抜けた後の30kmは、めっちゃ辛かった…。

凄い長く感じました。

まずは、momさんが荷物を預けている東京駅の郵便局へ。

IMG_8315

ここでmomさんの着替えの荷物をピックアップして、日比谷公園に向かいます。


日比谷公園には、「日比谷ライド」という、自転車通勤客用の駐輪場とシャワー、ロッカーが一緒になった施設があります。

momさんはシャワーを浴びて着替える予定ですが、我々は着替えがないので、シャワー浴びてもしょうがないと、駐輪だけしました。

momさんとは交歓会会場で待ち合わせることにして、朝ごはんを食べに行きました。


その後、日比谷コミュニティセンターでmomさんと合流。

IMG_8316

10時に開場。
まずは、受け取り損ねたブルベカードを受け取って、必要事項を記入します。

レシートを添えて、のぼうさんがゴール受付に提出します。

それと並行して、大ホールでは、完走した各チームが集まって、交歓会が開催されました。

主催者であるAR日本橋の方から、各チームが紹介され、チームメンバーが壇上に上がって、走ったコースとエピソードなどの紹介をするのです。

IMG_8337
IMG_8342

同じ24時間で他のチームがどんなコースを走り、どんな体験をしたのかを共有するのって、面白い。

コース図見て、「よく走るよ」と思ったり、それぞれの苦労を聞きながら、互いに健闘を讃えあった。


いや〜、一晩中寝ないで走ったので、席に座った途端、寝る自信があったんだけど(笑)、結局、寝なかった。

FullSizeRender

一方、ゴール受付では、チェックしたブルベカードと証票の確認作業が行われ、認定されたチーム名が放送で読み上げられる。

我が「チーム黒毛和牛A5」も無事、計画どおり、367kmで認定されました!


みんなありがとうございました!

momさんが、しんぱちさんにDMで、

チーム黒毛和牛A4になっちゃった。

と言っている。

うまいと思う。しんぱちさんは、DNFで残念でしたけど、リベンジ待ってる。

因みに後で各チームのリザルト見たら意外に一部メンバーのDNFが多かった。
あるチームは、チームの完走を優先して調子が悪いメンバーがDNFの決断したとか、なかなか辛い決断もあったようだ。


そして、チーム紹介の方でも、我がチームが紹介されましたよ。
スピーカーはキルハさん。

IMG_8347

そして、最期に記念写真を撮って頂きました。

IMG_8346

そこにいた全チームの紹介が済んで、交歓会終了!


交歓会の後、会場横のレストランで、のぼうさんとキルハさんと昼ごはんを食べながら話す。


結局、Flecheってブルベと何が違うんでしょうね。

もちろんルールが違うが、走る側の体験として、ブルベでも同じように仲間とトレインで走る事はある。それと何が違ったんだろうという意味だ。


うーん。結局、個人ではなくチームとしてしか、認定されない。

一蓮托生感というか、同じ釜の飯を食う仲間というか…。

仲間とやり切った感は違うよね。

そうだよね〜。


最後の焦りは確かに仲間と共有してた。(笑)


走る一体感も、ブルベのトレインとは違った。
当たり前の感想だけど、ブルベは個人プレー、Flecheはチームプレーなんだろう。

それと、コースも自分達で決められる。
それだけに、走るコースやPCについて、あるいは走る時や交歓会での格好とか、仲間と走る前提だからこそ出来ること、遊びや工夫を考えるともっと面白くなるのかもしれない。


ブルベは与えられたコースを辿るので、そうした工夫をするにも限界がある。

Flecheはそういう楽しみを工夫する余地があるイベントなんだろう。


ただ、基本、一匹狼タイプが多いブルベイストがチーム組んで一蓮托生になると、良きにつけ悪しきにつけ、色んな人間模様が展開されるらしい。(笑)

それもまた、Flecheの醍醐味か…。


今回、Fleche日本橋に参加した皆様お疲れ様でした!

また主催して頂いたAR日本橋の皆様ありがとうございました!

そして最期に、一緒に走ったチームのみんな、のぼうさん、momさん、キルハさん、しんぱちさん、ありがとう!

来年も出ましょうぞ!



ランキングの下のリンクをポチッと押していだだけると、更新の元気が出ます! 



レーシングチームに入りました!