こんにちは、りょうです。


4月28日(日)、新しく取付けたZONDA DISCで早速走って来ました。

ルートは尾根幹から宮ヶ瀬湖、ヤビツ峠を経て、湘南に出て国道134号線で逗子まで。そこから横浜経由で高井戸まで帰るという、山と平坦の180kmくらいのコースです。

FullSizeRender

ロードバイクにZONDA DISCを取付けた感じは、リムが黒一色でミドルハイトっぽくなって、存在感が増した感じ。

リム高24mmのRX31と比べて、リム高は5mmも増えてないのだけどなんか違う感じを受ける。

なんといっても、リムに輝くCAMPAGNOLOのロゴマークが良い。
(*´△`*)

いいね!

IMG_8517

しかし、街中で走った最初の印象は、RX31とあまり変わらんなというもの。

RX31も漕ぎ出しは重いものの、回転は良く、振動吸収性もよかった。

ZONDA DISCは300g軽いんだけど、漕ぎ出しが驚くほど軽いという訳でもない。

ただ振動吸収性は優秀だ。
細かい振動がRX31と比べても、よりマイルドになった感じがする。

回転もスムーズ。
RXと比べて少しだが速度維持が楽な感じだ。

尾根幹のようなスピードをつけて、勢いで上るような、斜度数%位の坂なんかでも、RX31と比べて少し先まで楽に上がれる感じがする。

ハブのベアリングは、RX31はシマノ伝統のカップ&コーン。自分でメンテナンスできるし、メンテ次第で性能も維持しやすいので、私は好き。

ZONDAの古いものは、同じカップ&コーンだったと思うが、このZONDA DISCは、シールドベアリングを使っているようだから、その差もあるかもしれない。

ただ初期性能は良いけどメンテナンス性が気になるところ。自分でグリスアップは出来ないので、ベアリングがヘタったら交換するしかない。


まあ、RX31はハブはグリスアップしてメンテしてるけど3年以上乗ってるホイールなので、新品のZONDAとの比較は割引いて考える必要はある。


リムブレーキ仕様のZONDAは強度がありつつ脚に優しいという評判だが、ディスクブレーキ仕様も同じようだ。

初心者が完成車ホイールからミドルグレードに変えるならZONDAはオススメというのも分かる。

そこそこ安くて軽く、強度があり、回転も良い。
振動吸収性が高いが走りの剛性が低い訳では無く、ロングライドに良いと思う。

更に高いホイール買った時は、丈夫なので練習用ホイールになるというわけだ。


家を出たのが、8時50分頃と遅かったんだけど、先ずはパンパティによる。

IMG_8518

今日は、定番のカレーパンとプレミアムミルクパン!

IMG_8520

プレミアムミルクパンは、パンがシュー生地のようになっていて美味しかった。

パンパティを出た後は、宮ヶ瀬湖から裏ヤビツに。

IMG_8522
IMG_8524

この季節は、暑くもなく寒くもなくで良いです。

裏ヤビツは、八割の力くらいで上ったけど、ベストより2分遅いくらいだった。

体重がベストではないので、重いんだけど(笑)、やはりホイールの300gの軽量化は効いているのか。思ったよりは楽に上がれた気がする。

汗をかいた後は、ヤビツ峠で久々のコーラ。

IMG_8525

ヤビツ峠はいつ来てもロードバイクの人が多い。

IMG_8526

菜の花台で記念写真。

IMG_8529

峠から下る時は寒かったけど、下に降りるにつれて暑くなってきた。

ZONDA DISCでの下りは、山中区間で飛ばし気味に下りたが、ホイールの剛性がRX31よりしっかりした感じで、不安はない。

剛性が高いので、狙ったラインをしっかりとトレース出来る。
これはホイールにとって重要なことだ。


しかし、蓑毛の上に出てからは、ゆっくり走る。

今、ヤビツ峠では、麓の生活道路ですっ飛ばすロードバイクが問題になってる。

IMG_8531

私も昔は下りですっ飛ばしてたけど、ここでは最高速度は下りでも30km/hが推奨されてる。

地元民からすれば、ヤビツ峠に来るロードバイクなんて、お金を落とすのは、名古木のコンビニと峠の売店くらいなので、来る事にメリットは感じないだろう。

地元の人の生活が脅かされそうになるなら、簡単にロードバイク規制という議論は起こると思う。

ヤビツ峠でロードバイクと地元民が共生するためにも、下りでは自制したい。


いつも名古木から海沿いの二宮に出る時は、県道71号線のアップダウンがある幹線道路を通っていて、それが疲れた脚にはキツく、億劫だったのだが、今回、裏道を使った。


県道71号線を南下して、東名高速のガード下を抜けて、グリーンテクなかい入口という交差点から左の側道に入る。

裏道といっても、多分幹線道路が通る前の旧道だと思うが、こちらだとほぼフラットで信号も少ない。

ちょうどアップダウン区間をパスして、二宮高校入口の交差点で県道71号線に合流する。

なかなか良かった。
次からはいつもこの道を使おう。

二宮で国道一号線に入り、大磯から国道134号線に入るいつもの道。

ZONDA DISCは回転が良いので、こういう平坦な道は得意だ。
信号発進は軽くはないが、漕ぎ出せばいつの間にかスピードが上がってる。


道路の荒れた路面状況も、振動を吸収してヌルヌル走るので、確かに脚に優しいし、楽だ。

新品のグリスがこなれてきたのか、回転が最初より良くなってきた気がする。

IMG_8534

当日は強い向かい風だったけど、それなりのハイペースで逗子に到着した。

IMG_8535

IMG_8536

逗子からは、六浦経由で三浦半島を横断して、八景島から国道357号線へ。

IMG_8538

GWで車は多めだが、道が広く信号も少なめで気持ちよく走れるので、この道は好き。


頑張って踏みまくったら、カーボンチューブラーホイールの時も含めて、ストラバのセグメントで、プライベートベストか出てしまった。
( ・ㅂ・)و ̑̑

風向きや信号のつながりもあるから、一概には言えないけど、ストラバを使い始めた2015年からの記録全てより速かった。
踏んでてスピードに乗る感じが気持ちいいことは確かだ。


路面の荒れからのキックバックが脚にきにくく、脚の疲れが少ないので長い区間を淡々とハイペースで走るのに向いているんだと思う。

まさにブルベ向けではないか。


このホイール、かなり気に入りました!


二子玉川で多摩川を渡る頃には、もう日も暮れてきました。

IMG_8540

家まで後、10kmぐらい。
今日も一日遊ばせてもらったので、お土産を買って帰らねば。


実は走ってる間、なぜか無性にチュロスが食べたかったんですよ。

IMG_8556
家の近くにミスタードーナツがあるから、チュロスを買って帰ろうかと。

きっと、子供達からは、

なんでチュロス?!

と不満が出るかもしれないが、

ドーナツの例外は認めない!
今日は全てチュロスなのだ!

ぐらいの勢いでお店に着いたら、こんな垂れ幕が…。

IMG_8541

一瞬でお土産はこれに変わりました…。


そう言えば、昔、何年も買いたいロードバイクを頭に描いて貯金してたのに、いざ買いに行く段階で、今の愛車を見た途端にそれに決めたのと似てるな…。

今回のホイールといい、


やっぱり人間、フィーリングが大事なんですよ!



ランキングの下のリンクをポチッと押していだだけると、更新の元気が出ます! 



レーシングチームに入りました!