こんにちは、りょうです。


暖かくなって来たので、クローブはもう指切りクローブですね。

私、指切りクローブはレーサータイプのパッドが薄いものを使ってます。

レーサータイプはクイックかつ微妙なハンドル操作のために、ダイレクト感優先で、パッドは薄いんです。

レースではハンドルに体重を乗せないのが基本。だから厚いパッドは必要ないんです…。

…と、プロ向けにレーサー用グローブは作られている訳ですが…。

でもね…。

我々は、そんなプロ基準の能書きで最適化出来るほど高尚ではないんですよっ!


長く乗ってると手が痛いんじゃ〜!

ワシ、体幹が強くないから、100km程度のライドならいいけど、200km、300kmも走ってれば、ハンドルに体重乗せまくりなんじゃ〜!


というわけで、ロングライド用にパッドの厚さに惚れて、Intro stinger 4を買いました。


なんと、このグローブはブルベ専用を謳っているそうな!

IMG_8851

見ただけで感じるパッドの厚み。
しかもこれでもかと言うくらい付いている。

IMG_8873

ハンドルを握ってみる。
確かにハンドルとの間にクッションが効いていて、クイックなハンドル操作はしづらいかもしれない。

クッションが効いてるが故に、ハイペースな走りの中で、ハンドルをしっかりコントロールしようとする時に、もさっとした感触は、人によって評価は別れそうだ。


でも、レーススピードで集団の中を走るのでも無ければ、普段のライドでそんなクイックなハンドル操作は求められない。

もちろん、普段乗りでも、危険時の緊急回避など、クイックなハンドル操作の必要性は否定しないけど、まずはそんなハンドル操作なんて必要にならないような運転が求められるよね。


いや、このグローブの本質は、クイックなハンドル操作の是非じゃなくて、ブルベなどのロングライドでの快適性を重視したものだということだ。


ハンドルを握ってみると、このグローブがブルベでの乗り方を前提によく考えられている事がわかる。

ブルベでは、とにかく長く乗るので、ハンドルの握り方も色んなポジションを取る。

まずは基本のブラケットポジション。

IMG_8874

ブルベしてると分かると思うけど、長い下り坂を下りてると、ブレーキをかける時に、親指と人差し指の間に体重が乗って、それが続くと痛くなるんだよね。
それに配慮したパッドの位置!


またブルベを走ってると、リラックスして走る時は上体を起こして走るので、ハンドル手前の屈曲部をよく握ります。

IMG_8875

この時、長い間乗ってると、手のひらの下あたりが擦れて痛くなるのですが、正にその位置にパッドが配置されている!


そして、ブルベでも下ハン握って巡航する時もあるんですが、この時も長く乗ってると、小指の下あたりの手のひらや人差し指のつけ根あたりが痛くなります。

IMG_8876

このポジションの時もハンドルに当たる位置にちゃんとパッドがくる!


ロングライドやブルベの時って、ハンドルの当たり方、痛くなる部分が、レースの時とは全然違うんですよ。

今まで普通のグローブ使っていて、ロングの時、どうして痛くなる位置じゃなくて、役立たない位置にパッドか着いてるの?
って思う時があったけど、それはプロのアドバイスの下、「正しい」乗り方、レース的な乗り方を前提としたパッドの位置だったからかもしれない。

私のような普通の人は、200kmの以上のブルベでいつも体幹で身体を支えて走れるわけではないし、ハンドルで身体支えちゃう時もあるのよ。

このIntro stinger4は、そんなブルベイストの欲しいって位置にパッドがちゃんと来るのは感心した。

ブルベの乗り方(それがいいという訳ではなく、結果的にそうなっちゃう。)をよく調べて作られているという感じだ。


これはブルベイストの体験が反映されたグローブだ!


というわけで、私のブルベ用グローブはこれに決定!


でもこのクローブはパッドの厚みが命だから、長持ちさせるためにもブルベ限定で使うつもり。


普段乗りは普通のグローブであまり問題を感じないからいいや。


でも、普段乗りでもハンドルで手が痛くなっちゃう人には、ブルベに限らずこのグローブは強い味方だと思います。


これは、ロングに特化した特徴あるグローブなので、乗る方時を選べば、最高のグローブでしょうね。




ランキングの下のリンクをポチッと押していだだけると、更新の元気が出ます! 



レーシングチームに入りました!