こんにちは、りょうです。

5月27日(日)、秩父の峠巡りライドに行って来ました。

メンバーは、以前の千葉ライドでもご一緒したMさん、MYさんと、今回初めてご一緒するIさんと私の4人です。

今回は私がコースディレクターを務めさせて頂きました。

当日は最高気温が27℃と予想されていたこともあり、山方面を提案。
Mさんが行ったことが無いという堂平山を目的地として、飯能から有間峠、秩父、定峰峠、白石峠を経て、堂平山を回る約200kmのコースです。

FullSizeRender

当初は、飯能から山伏峠経由で秩父を考えていたのですが、路肩が狭く車も多い国道299号線を避けるため、有間峠経由に変更しました。

先日の有間峠ライドでキツいルートになる事は分かってましたが、あの時行けなかった有間峠から秩父へのルートを走ってみたかったことと、Mさんのメンバーなら大丈夫だと思ったからです。

私が大丈夫かは分かりませんが…。(笑)

当日は、朝の4時に東八道路のコンビニに集合。飯能に向かいます。

IMG_8907

Mさんとのライドは、いつも朝が早いですが、午後3~4時頃には家に帰れることが多く、家庭持ちには助かります。


トレインは、数キロ毎に先頭交代しつつ走ります。
皆さん経験者なのでスムーズ&ファースト。やはり1人で走るより楽だなぁ。

50km程走って、セブンイレブン飯能原市場店で最初の休憩。

IMG_8910

これから先は秩父までコンビニはありませんので、しっかり補給しておきます。


休んだ後は、有間ダムを目指します。

IMG_8911
IMG_8913

平坦な中にも少しづつ坂が出てきて、油断すると遅れそうになるので、気合いで付いていきます。

いや、気合だけでは付いていけないので、体幹や引き脚を意識して効率的なペダリングをしないと、すぐに脚が終わりそう。

IMG_8963
photo by MYさん


有間ダムに到着!
これから有間峠の本番なのに既に疲労してる私。

IMG_8916

有間ダムから、有間渓谷観光釣り場までは緩やかな道を進みます。

IMG_8917

朝早いこともあって、会うローディは少ない。

観光釣り場を過ぎるといよいよ本格的な坂が始まります。

IMG_8919

MさんとIさんは余裕で前を走る。
MYさんも、今回は腹筋養成ギブスの金剛Tシャツは着てこなかったそうで、能力解放で元気である。

身体を絞れてない私はハアハア言って上ります。

くっ、素直に山伏峠を通っておけば良かった…。


しかし、長くてキツい上りも喋りながらだと、気が紛れる

前を女子のロードバイクでも走っていれば元気が出るのに…。

メンバーのこの一言をきっかけに、前を走る女子ローディに声をかけて挨拶する時は、後ろからか、抜き際が良いか、抜いて振り返ってからが良いかで議論する。

抜いてから挨拶するにしても、顔を見ないで挨拶は失礼だが、振り返って顔を覗き込むようにするのはわざとらしい。

でも、後から急に声掛けたらビックリする。従って、抜き際が一番自然ではないか。

ただし、いきなり挨拶は山だから許されるのであって、街中でいちいちやるのは気持ち悪いのではという結論に至った。

また、メンバーの1人は、ガチな女子ローディがお好みらしい。

すると、次の議題は、挨拶をするために、ガチな女子ローディに追いつく為にどうするかになった。

好みのガチな女子であればあるほど、追いつけないというジレンマを解決しなければならない。

難しい議題である。

たどり着いた結論は、ここにいる4人がトレインで追って、挨拶する人を後から発射するしかないというものだ。

ガチな女子ローディ好きなメンバーをその他の3人が次々に発射台になって、「挨拶スプリント」に送り出す!


うむ。これなら相手が與那嶺恵理選手でもいける!

そんなことされたら、スプリントで逃げられそうだけど…。

はっはっはっ。

まるで中学生男子のような会話である。
が、たまにはこういうのもいいものだ。


話を有間峠に戻そう。


さて、最大の問題は、電車も無い早朝から有間峠を走ってる女子ローディなどいないという事であった。



この季節の早朝の有間峠はひんやりしていて気持ちがよい。

また、飯能から上がる道が南から東斜面にあることもあり、午前中は道に陽がさして、先日、午後に上った時とは違い明るい印象だ。

IMG_8920

相変わらず、MさんとIさんは飄々と上っていく。

IMG_8921

MYさんと私は、斜度が緩んだ所で追いついていく。

IMG_8922

IMG_8964
photo by MYさん

スピードも低いので、あまりトレインの恩恵は受けないが、先を行く人がいると一人の時よりペースが上がる。


峠手前の最期の上りで、余裕で上る前の2人に追い付くべく、勝手にラストスパートをかます。

そしてようやく、有間峠に到着!

IMG_8924

ハアハア…。
よーし。前の時よりだいぶ早く上れたぞ!

しばらく峠で歓談。時刻はまだ7時50分である。

朝はまだ寒いからか、先日午後に上った時に、身体に纏わり付いてきた虫も少なめで良い。

IMG_8928

下の方には、通ってきた名栗湖が小さく見えている。
やっぱり、800mの高度差は伊達じゃない。しかし、黄砂の影響か、霞んで遠くははっきりしないのは残念。

IMG_8927

峠の気温は少し寒いくらいだ。

着いた直後は身体が温まっているから良いものの、じっとしてると寒くなる。

身体が冷えると汗冷えと相まって、これからのダウンヒルが辛くなるので、休憩を早々に切り上げた。

さあ、これから秩父に進むこととしよう!


次回、山飯も、パン飯も美味しゅうございました。

私が企画すると食べてばっかりになるな…。


ランキングの下のリンクをポチッと押していだだけると、更新の元気が出ます! 



レーシングチームに入りました!