こんにちは、りょうです。

10月21日(日)、久々にチーム練に行ってきました。

最近、仕事が忙しく、平日、夜練に行けないのはもちろん、休日も走っても50kmくらいのポタリングばかり。

仕事のストレスがあると食欲に向かってしまうので体重も増加。

このままではヤバイなと思っていた時に、チーム練開催の連絡があり、今の自分に喝を入れるために参加してきました。


元々このチーム練、神奈川、東京、埼玉のロードチームの有志が集まって、開催されてるもので、私もTさんに紹介されて以来、たまに参加させて貰っています。

場所は1周約4.7kmでほぼ平坦コース。
道幅も広いので、ロードバイクの貴重な練習の場となっています。

コースは河川敷のサイクリングロードを兼ねていて一般車は通りませんが、コースの一部でゴルフ場の送迎車が走っていますし、多くはないですが、歩行者やローラースケーターもいます。

こうした貴重な場を守る為にも、マナーは重要です。
他の利用者との距離が保てないような場合は、減速や徐行は必ず行います。

一緒に走ってるメンバーは、この貴重な練習場所を守るためにも、他の利用者との共存を心がけている事は前提として申し上げたいと思います。


当日日曜日は朝8時に集合。
実は前日が長男の20歳の誕生日を迎えたことを記念して、夕方から一緒に飲み屋に行っていた事もあり、いきなり寝坊してしまいました。

人間、気が抜けてる時はダメなものです。


急いで準備して、家から20km弱を猛ダッシュで向かいます。

今日はUDON Racing ジャージ。
本当は、雑兵のレーススーツを着ていきたい所だけど、ピチピチのワンピースのジャージは脱ぎ着が大変で、普段使いはしづらいのだ。

それにもっと痩せないと、はち切れそうで安心して着れない。(笑)

大磯クリテリウムまでには痩せます…。
 

ちょうど、8時頃、練習場所にに到着しました。

IMG_0078

気温もちょうどよく最高の練習日
しかし、集合場所はコースの反対側。

遅れたことを連絡すると、まだ集合場所で話してるから大丈夫との事でしたが、ここに来る前に既に脚もかなり使っています。

急いで合流してすぐスタートしたら、1周目のローリングで千切れそうだ…。

ということで、皆さんがローリングでこちらに来るのを待たせてもらう事にしました。
(๑>؂•̀๑)

しばらく待っていると、皆さんがやって来ました。

IMG_0083

おはようございます!

と挨拶して後ろに付かせてもらいます。

最初の一周はローリングでゆっくりと。2周目に入るあたりから、一気にスピードが上がるのはいつもどおり。

その日は割と風がある日でした。
風向きは土手上で北に向う時は向い風、下の道で南下する時は追い風です。


しかし、実力者揃いのトレインは向い風の中でも速いペース走る。

これは一旦千切れたら追い付けないな。
いつものことだけど…。

ローリングが終わって1~2周回すると、速い人達の本気モードが爆発。
トレインのふるい落としが始まる。

IMG_0087

ここで自然とペースに応じてAグループとBグループに別れるのだ。


どこに入るかは各人の判断。
Aグループに挑むも良し、速い人でも調子や気分でBグループで走ることもある。


Aグループが加速していくのを後から見て、一瞬追って後に付こうかと思ったけど、今日の自分がとてもついていけるとは思えない。

1~2周は頑張れるかもしれないが、脚が終わって千切れたら、多分、後から来るBグループにもついて行けなくなるだろう。

今回はBグループで「最後まで頑張る」を目標にした。

もちろん、Bグループと言っても全然、油断は出来ない。
こっちはこっちで速いのだ。


Bグループは、EMHの○善さんがリーダーで引っ張る。
向い風の中をかなり長く引っ張ってくれた。


やがてローテーションで先頭が回ってきた。土手上の向い風パートだ。


この区間でのみんなのペースに合わせて引く。私の順番で速度が落ちないように頑張る。

IMG_0145
photo by あさとっちさん

こういうチーム練では、先頭では意地を張ってしまう。

だって、アイツが先頭に出た途端ペース遅くなった。とか思われたら癪なのだ。


たが、その後も、何故かいつも向い風パートで先頭が回ってくる。(笑)

こころなしか、段々風が強くなってきているような気がするんだけど!

あまりにキツく、微妙にペースを落として走る。
先程の意地はどこへやら、もはや、

抜くなら抜いて、この向かい風を受けてくれや!

と開き直るが、こういう時に限って誰も抜いてくれない。(笑)

しかし、こちらも意地があるので、毎回土手上の2/5ぐらいの距離を引っ張って、次に渡す。


この丁度半分にしない微妙な距離には理由がある。

トレインで走る時は、このローテーションで引き継ぐタイミングも重要。
このコースでの加速ポイントは2つ。
土手上に上がって折り返す時のインターバル。
同じく、土手下におりて折り返す時のインターバル加速だ。

先頭で頑張って脚が疲れた後の交代のタイミングがこの加速ポイントにあってしまうと、ついて行けずに一気に千切れてまう。

なので交代はその手前でするように心がけた。これも経験で分かった千切れないための工夫なのだ。

さて、走っていると追い風での先頭が回ってきた。

追い風だから楽かと思いきや、むしろそうでは無かった。

追い風だからペースが速い。向い風の時より10km/h以上速い。

しかも後からのプレッシャーがハンパない。向い風の時は抜くなら抜いていいよ的な開き直りが出来たが、追い風の時は、遅ければ後ろは抜く気満々である。


こちらも、

俺が先頭交代のサイン出すまで抜かさせねぇ〜!

IMG_0146
photo by あさとっちさん

と意地を張るので、めっちゃ脚が削れました。(笑)

追い風の先頭は調子乗ったらダメだ。すぐ脚終わる…。


一方、こちらはAグループの皆様の華麗なトレインで先頭を行くみつ隊長。

IMG_0150
photo by あさとっちさん

IMG_0151
photo by あさとっちさん

みんな速いですわ。

こんな感じで走り始めて、そろそろ1時間である。

Bグループのトレインもいつの間にか3人になっていた。その分先頭が回ってくる時間も早くなる。

以前の練習では、ワンナワー練といって1時間、7~8周回を目安に走っていた。

今回も同じと思って、そのつもりで脚のマネジメントを考えていたのだ。


 IMG_0147
photo by あさとっちさん

はぁはぁ…。
そろそろ脚もやばくなってきた…。
1時間もゆうに過ぎている…。
何周走ったか数えてないけど終わりも近いはず。

確かめる為に、

そろそろ次で最後ぐらいですかね?

とトレインのメンバーに聞いてみる。


あと3周ですね!
(`・ω・´)キリッ


ポキッ!

心が折れる音がした気がした。


私は最初の集合場所に行かなかったので知らなかったが、今回は12周回と決まっていたらしい。


すぐそこと思ったゴールが遠のいて、なんだか急にペダルが重く感じる。
そして、最後尾で回った土手上の折り返しの向い風での加速で千切れかける。

あぁ、またここで千切れるいつものパターンか…。


と思いかけて考え直す。

レースでは、むしろ苦しくなってからが本番。

ここからが本当の練習だ。


また、誰かが昔こんなこと言っていた。


疲れた時のペダリングこそが本当に身についたペダリング。


そうだ、疲れてペダリングがばたついている。ペダリングを意識しろ!

ひき足!

そして最近覚えた、ここぞと言う時のサドルの前に尻をズラして上から踏み抜くようなペダリング!


姿勢を変える事で、使う筋肉が変わるんだと思うが、これをやると脚が回りペダリングが軽くなる。
頑張って踏み抜いて、何とか前に追いついた。

よしっ!

あのメンタルでやられて千切れかけた状態から、頑張って追い付いたのは上出来だ。

しかし、やがてラストラップ。
ゴールに向けて駆け引きが本格化する。

土手上のストレートで前の2人がスパート!

一気に離される。

しかし、諦めずに踏み続け、ストレートの終わり頃に前の1人に追い付いた。

そのままかわして前に出る。
土手下へ折り返し、最後のストレートに入る。

進路はクリアー。全力で漕ぐ。
だが、もう脚がつりそうだ。ひき足を意識してつりそうな太腿四頭筋の負担を減らす。

先程交わしたメンバーが、後からラストスパート!
私の背後から上がって前に出る。

ゴール前のストレートだ。
みんな全力だ。
やっぱり簡単には勝たせてくれない。

しかし、ゴールまではまだ距離がある。
すかさず、後ろに入ってついて行く。
前のメンバーが、風を受けてもがく。

わかる、分かるぞ。

後からのプレッシャーは、ペースが乱される。
スパートの勢いが頭打ちになったのを見計らって、今度はこちらが後からスパートをかける。

うぉりゃ〜!!

最後はBグループ2位でゴール!

はぁ、はぁ…。

今回のチーム練習、我ながらよくここまで追い込んだと思う。


IMG_0088

余談であるが、ゴール後、集合場所まで戻る時、他の若いメンバーから、

「学生さんですか?」

と聞かれる。

50過ぎのオッサンに対してお世辞にも程があるぞ。

思いがけない質問で反応に困り、

いゃあー、まさかぁ〜!

と照れながら答えたんだけど、

よく考えたら、きっと

「ザッペイさんですか?」

の聞き間違いだった。(笑)


もはや耳も老化しているようだ。

すいません!
ZAPPEIのメンバーです。
でもブルベ部という超マイナーカテゴリーメンバーなので、チームのホームグラウンドのヤビツ峠には年数回しか出没しませんが。
m(_ _)m


集合場所でくつろぐメンバー
IMG_0089

しかし、久々に参加したチーム練習は、やはり良かった。

速い人との練習は、一人では行けない領域に行かせてくれる。

また、色々なチームの方々が参加しているので、武者修行のようで楽しい。


チーム練に参加した皆様、ありがとうございました!


11月から大磯クリテリウムも始まるし、また是非参加したいと思います。



ランキングの下のリンクをポチッと押していだだけると、更新の元気が出ます! 



レーシングチームに入りました!