こんにちは、りょうです。


茶川探検隊一日限定復活、HIGIRIさん歓送ライド、続きです。


茶川さんの股間の痛みも治まり、再出発です。


順調にタマサイを走って、ファミマ日野四谷橋店に到着。

IMG_0487

ここで、ちまちまさん、とっしーさん(私は初めまして)と合流した。

ちまちまさんともかなり久しぶり。
その間、愛車がサーベロからファクターに変わっている。
かっちょええなあ。

IMG_0486

後は、がみさん(私は初めまして)を残すのみだが、しばらくみんな、補給しつつダベリング。


なかなか、がみさんが来ないので、先にみんなで記念写真を撮ることになった。

DEROさんのカメラでタイマーをセット。
パシャリ!

IMG_0527
photo by DEROさん

じゃ、二枚目いきまーす!

DEROさんが、タイマーをセットして戻る。

その時、グッドタイミングで現れるがみさん。

パシャリ!

IMG_0528
photo by DEROさん

滑り込みセーフ!(笑)

メンバーが揃った所で、引き続きダベリング。

ああ〜、これぞ茶川探検隊だわ。
この雰囲気懐かしい…。


しばらくして出発。
メンバーは総勢12名のライドなので、2つに別れてトレインを組む。

IMG_0529

IMG_0492

10~15キロほど走って、再びコンビニで休憩、ダベリング。

IMG_0493

ああ〜、これぞ…(以下、略)
このペースが懐かしい。(笑)

やがてトレインは街中に入っていく。


あっ!道間違えた。


と、ここでミスコース。
しかし、これぐらいの人数になると、方向転換も大変だ。

IMG_0494

昔、茶川探検隊で何度ミスコースで迷ったことか。

今やそれすら懐かしい。(笑)


FullSizeRender

そして、本日の昼飯会場の「とんでん」に到着。

IMG_0531

早速、麦ジュースを飲み出すHIGIRIさん。(笑) 
(もちろんアルコールフリーです。)

IMG_0532

なかなか豪華な食事!

IMG_0504

お腹も身体も温まって、話も盛り上がってるので、腰が重くなるが、そろそろ出発。


とんでんを出た後、浅川CRに向かう途中、信号で中切れ発生。

後にいた我々は、前のトレインを追うが
、姿が見えない。

多分、道なりだからこっちだと走ってると、なぜか前からやってくる先頭集団。

??

そして、お約束のように、浅川CRへの復帰で、路頭に迷う茶川探検隊であった。(笑)

IMG_0507

多分、みんな成長してるから、一人でも勝手に戻れると思うんだけど、みんなで路頭に迷う事を楽しんでるんだな。これは。(笑)

それを含めて楽しむのが、茶川探検隊である。


浅川CRに戻ってからは、順調だ。

IMG_0510

IMG_0511

浅川の河川敷では馬も走ってる。

IMG_0519

そして、茶川さんの〇〇をいたわって、10~15km毎にコンビニで休憩、ダベリング。

IMG_0533

りょう、
昔も良くこうやって10km毎ぐらいにコンビニでダベってましたね。

HIGIRIさん、
ライドで朝早く出てるのに、なぜか帰りは夜中でね。100kmも走ってないのに。

一同、
どうしてこうなるのかな〜と。(笑)

続いて、ななみんさんの「Pay Pay」講座を聞く。

お陰様で、「Pay Pay」に詳しくなりました!
ありがとうございます!


今でこそ、みんなそれぞれのロードバイクライフを楽しんでいるが、私の周りに茶川探検隊出身ローディは多い。

私が知っているのが全てでは無いけど、茶川探検隊もずっと順風満帆というわけでは必ずしも無かったし、色々な想いの人もいると思うが、それでも茶川探検隊というオープンのグループライドを企画し続けた茶川さんの取り組みがあったから、いろんなロードバイク乗りが繋がったという事を否定する人はいないだろう。

前にも言ったけど、ロードバイク趣味を突き詰めて行けば、人によって志向は違ってくる。やがて同じ志向同士のクラスターに分かれてくるのが常だ。

いつも同じではいられない。

ローディの志向を生物のDNAに例えれば、時代を経て分かれる進化の樹と言えるだろう。〇〇族と✕✕族は△年前に別れてそれぞれ進化しましたと言うように。

茶川探検隊はその進化の樹の幹の役割をしていたように思う。


もちろん、茶川さんの志向も時代と共に進化している。


茶川探検隊からアイマスPに。そして、最近はガルおじとして大洗をフォールディングバイクで走り回っている…。

もはや、ローディの進化の樹を飛び出して、異次元の進化をしているようなんだけど。(笑)

しかし、ロードバイクも所詮人生を楽しむ道具に過ぎないわけだから、それも又人生を楽しむ進化なのだ。

今回、まるで昔に戻ったような茶川探検隊テイストを久々に味わえた訳だが、こんなペースになったのも、茶川さんの愛車の「フリーサドル」と耐え難きを耐えた茶川さんの〇〇〇〇のおかげかも知れない。

茶川さんとHis Sonに敬礼!
(*`・ω・)ゞ


横文字の名前つけりゃなんでもカッコ良くなると思うなよ!

こっちは、洒落にならんぐらい痛いんだからよ!


という茶川さんの声が聞こえる。
というか、実際「フリーサドル」って言われて、言ってたけどね。(笑)



さて、茶川探検隊一日限定復活も、そろそろお開きの時間となりました。


最後の四谷橋手前のコンビニで茶川さんから締めの挨拶。後は流れ解散です。

茶川さん、Suzukiさん、今日は茶川探検隊一日限定復活のお声かけありがとうございました!

また、メンバーの皆さんとも懐かしい一時を過ごせました。みんなに感謝!


なんか、グループライドの原点を思い出しましたよ。


みんなで多摩川まで一緒に走って、そこで武蔵境方面と多摩川南下コースに分かれます。

多摩川南下コースは、私、HIGIRIさん、ななみんさん、BMAXさん、がみさん。


HIGIRIさんの歓送ライドならば、最後はかつてのHIGIRIさんとのワンイチの様に

高速巡航トレインでお見送りしなければ!


ということで、分かれたあと、HIGIRIさん達を伴って、タマサイ横の車道に降ります。


HIGIRIさん、
あれっ?タマサイ行くんじゃないの?


私、
間違ってませんよ。
タマサイ沿いの道ですから。
同じです。(`・ω・´)キリッ


がみさんは、何かを感じ取ったようだ。
おもむろにウィンブレを脱ぎだす。


ななみんさん、
なんか嫌な予感がする…。


信号が青に変わる。

では、行きマース!

最初はゆっくり。
徐々にペースを上げていく。
四谷橋から多摩川原橋まで、束の間のHIGIRIさんに送る歓送トレインだ。

精一杯頑張りますっ!

しかし、40km/hオーバーで引くが、みんな平気でついてくる。

IMG_0523

みんな余裕じゃん。

やっぱり、さっきまでは、みんな猫被っていたのだろう。

これは先頭の楽しみもお裾分けしなければ!


信号発進で、先頭交代を促すと、がみさんが後から飛び出す!

おぅ!若いっていいなぁ。

がみさんもHIGIRIさんを歓送する心でいっぱいだ。ペースも45km/hまで上がる。
HIGIRIさんも、

お前調子に乗りすぎだ〜!

と言いつつ、がみさんの後に食いつく。(なんだかんだこういうのスキだよね。)
( ・ㅂ・)و ̑̑

しかし、遂にHIGIRIさんも力尽きてペースが緩む。すかさず、ななみんさんがHIGIRIさんの前に出てブリッジに入った。

おおっ!HIGIRIさんをそう簡単には千切らせはしないという友愛がトレインを包んでいる!
これぞ歓送トレイン!


ななみんさんが再びペースを上げる。
私、BMAXさんがつづく!


BMAXさん、
HIGIRIさんが消えた!


それではと、一旦クールダウン。
BMAXさんがHIGIRIさんをお迎えに行く。

BMAXさんも友愛に溢れている…。

そして、揃った所で是政橋から、第2ラウンドが開始されたのであった…。


ゴールの多摩川原橋にて。

HIGIRIさん、
はぁ、はぁ。なんか今年で一番疲れたんだけど…。

IMG_0524

( *˙ω˙*)و グッ!
最期まで楽しんでいただたようで、良かったです。

HIGIRIさん今日はありがとうございました!

ななみんさん、BMAXさん、私はここで離脱です。

茶川探検隊一の若者のがみさんは、引き続き多摩川沿いを、HIGIRIさんと一緒の帰り道。


じゃあ、がみさん、後は頼んだぞ!

がみさん、
( ・ㅂ・)و ̑̑

HIGIRIさん、
頼まれなくていいから!


出発する二人を見送る。

日も傾いてきた多摩川に、信号ダッシュをかますがみさんの後ろで、

お前ふざけんなよ〜!

というHIGIRIさんの声が響いていた。


HIGIRIさんご無事でっ!
(-人-)



ランキングの下のリンクをポチッと押していだだけると、更新の元気が出ます! 



レーシングチームに入りました!