こんにちは、りょうです。

GWなので、頑張って更新します。
これまで私のロードバイクのトレーニングは実走のみ。

周りには、ローラーに乗っている人も多く、寒い日や雨の日でもトレーニングできるメリットは認識していましたが、大きな買い物である一方、我が家は集合住宅なので、振動や騒音問題がクリアできるか分からず、躊躇していたのです。


そんな時、ローラーを体験する機会が訪れました。
彩湖の周回練習後、丁度、彩湖にスマートローラーの体験をさせてくれるテントが来ていたのです。

IMG_1521

Zappei のみつさんが試走するのを見ていたのですが、音がほとんど聞こえないほど静かだったのです。

IMG_1522

スマートローラーは、Zwiftとも連動して簡単に接続できます。

私も試走してみましたが、聞こえる音は、チェーンとギアの音ぐらいで、

これなら我が家でも出来るかもしれない。

という、期待をもたせるものでした。

俄然ローラーに興味が湧いてきたので、ローラーの為の貯金を始める事にしたのです。

ただ、実際の導入はもう少し先と思っていました。

そんな時、更なる転機が訪れます。
2019年4月1日付で職場がつくばに異動になったのです。

家庭の事情で自宅は変わらず、東京からつくばまで片道約3時間弱の通勤生活が始まります。

平日は、朝6時過ぎには自宅を出て、帰宅は21時前ぐらい。

通常、ロードバイクで夜練に出ると3時間位かかってしまう事を考えると、平日の夜練の時間を確保することは難しくなりました。

週末のライドだけでは、今のレベルを維持することは困難です。

ローラーがあれば、自宅で集中的なトレーニングができるので、たとえば、22時から23時をトレーニング時間にあてれば、これまでと同じような平日練習も可能と思われました。

そこで、練習環境の変化を嫁さんに訴えて、ローラー導入の了解を得たのです!

そうなれば早速機種選び開始です。

最優先は、静音性。
その次は我が家の場合、コンパクトに収納できることでした。

これは嫁さんの許可条件が邪魔にならないよう収納場所を用意することだったからです。

そして、私のこだわりはスマートローラーであること。

最近、周りでブームのZwift(スマートローラーと連動して、バーチャルを使ったトレーニングができるアプリ)での練習をやりたかったからです。

その他にも、ローラーの準備が楽等、色々考えた結果、機種はTACX NEO SMARTに決定!

FullSizeRender

FullSizeRender

レビューでも静音性の評価が高く、そして収納時コンパクトになるのが決め手でした。

そして、スマートローラーでは、べダリング時のパワーを検出するのですが、タイヤで回す方式だと、パワーの検出が不正確になったりすることがあるなどの話も経験者から聞きました。

その点、TACX NEO SMARTは、ダイレクトドライブなので、その点も良いようです。

またダイレクトドライブには、ローラーでタイヤが消耗しない、タイヤカス出ないというメリットもあります。

決まれば早速発注。
一週間程度で我が家にローラーがやって来ました!

IMG_1661

IMG_1662

外通で買った為、国内で使うには変換プラグが必要です。


それから、振動対策も。
こちらも省スペースを優先して、しげさんから教えてもらったP防振マットをローラーの下だけの大きさに切り取り、その上に制振性が高いと評価されてるブルカットを導入しました。

実際にやるとこんな感じです。
下には、汗が床に落ちないよう、アルミシートを敷いています。

IMG_1986

IMG_1711

もともと、TACX NEO SMART自体が静かというのもありますが、家の中でローラーをしてみても、音にうるさい嫁さんから振動のことは一切言われず、

私の「ハアハア」する声がうるさい!

と言われるだけなので、音と防振対策は大成功でしょう。(笑)


でも喘ぐ声は許して下さい…。


早速、スマフォにZwiftも入れて、トレーニング開始です。

よっしゃ〜!
初ローラー練習じゃ〜。

IMG_1712

ハアハア…。
思ったよりキツい。

15分もローラー回すと汗だくになります。

ちょっと、Zwift上の1kmって、長くないですか!
実走の2倍ぐらい長く感じる…。


1時間ぐらいが限界です…。

もう倒れそうと思いながら脚を動かすなんて、高校の部活以来かもしれない…。


でも、これはいい!!


普通の夜練では出来ない強度での練習が短時間でできると思いました。

実際、実走でここまで追い込んだら、公道でふらついて危険でしょう。

そして、汗が尋常ではないぐらい出ますので、夏でなくても扇風機は必須。
また、ローラーオプションの汗パッドも用意したのですが、結局、使ったのは1回だけ。

洗濯なども考えると、タオルを車体とハンドル二枚かけるのがベストと思います。

IMG_1719

途中で滴る汗をハンドルのタオルで拭きながら練習できますしね。

これまで、平日は週二、三回のペースでZwiftでトレーニング。

強度の高いローラー練習の効果か、夜練ではあまり減らなかった体重が思ったより減ってるのは、予想外の効果でした。

今のところ、集合住宅の我が家でも問題なくローラー練習が出来ています。

しかし、しばらく使っていると改善点も出てきます。

下のアルミシートに穴が開き、落ちて溜まった汗が絨毯に染み込んでしまいました。

声は何とか我慢してもらっていましたが、これには嫁さんからNGが出ました。

振動的には、今の状態で問題ありませんでしたが、丈夫なマットを導入する事にします。

マットを探すにあたり、室内でビンディングシューズで乗り降りするので、幅に余裕があるトレーニングマットを探します。しかし、殆どのマットは幅が61cm~75cmです。

今のローラーをする場所が狭いところで約90cmなので、ちょうど同じぐらいの幅が理想です。

ヨガマットも含めて探していましたが、
Cycle OPSのトレーニングマットが、幅93cmでドンピシャなのを発見。

しかも、殆ど新品の中古品が特別セールで売ってました。

ショップの場所がなんと偶然にも「つくば」だったので、通勤定期を使って(笑)ショップまで行きました。

IMG_1951

買って帰って、早速セッティング。
トレーニングマットの素材は、ゴムで厚さは3.5mm、重さ3kgくらい。

私の場合、目的は床面の保護なので、むしろこれぐらいの厚さの方が、軽くて収納も楽です。

大きさは、たたみ一畳より少し大きいくらいでした。

IMG_1961

そして、ローラーもセット。

IMG_1962

幅が広いので、ローラーの横でビンディングシューズを履いたり、乗り降りもマット上から楽にできます。

これで私のローラー環境も整いました。
平日はなかなかローラーを回す時間がありませんが、これからもローラーを使ってトレーニングを継続したいと思います。


えっ?!
貯金してからじゃなかったのかだって?


同じ払うのなら、先に楽しんだ方がいいですよね。
これから頑張って、ローラーのローンを嫁さんに返します〜。
‪(๑>؂<๑)٩‬



集合住宅だからと、ローラーを諦めてる方、最近のローラーは静かですよ!

でも、何がしかの音は出ますから、必ず家族の了解は取って下さいね。

私なんか、喘ぎ声がうるさいと導入一日目でローラー禁止になる所でしたから。(笑)




ランキングの下のリンクをポチッと押していだだけると、更新の元気が出ます! 



レーシングチームに入りました!