こんにちは、りょうです。

いやー、GW期間中はブログ記事の執筆が捗ります。

これもいつか書こうと思っていた記事なんですが、今回は、カンパニョーロ ZONDA DISCのハブメンテナンスについてです。

私、これまで機材はシマノだけだったので、カンパのホイールのハブメンテナンスは初めてです。

インターネットでマニュアル等を探しましたが、載っておらず、手探りでしたが、仕組みが分かれば、なんとか自分できました。

まずはフロントホイールのハブから。

ZONDA DISCのベアリングは、シマノのカップ&コーンと似ています。

IMG_0621


カップ&コーンとは、ホイール側のカップにベアリングが入り、ハブ軸のコーンがベアリング受けになるハブの形式です。

このハブがキチンと機能するためには、ベアリングとコーンの隙間を調整するタマあたり調整が必要です。

この玉あたり調整とは、コーンをガタツキが無くかつスムーズに回転するようにベアリングとの位置調整をすることを言います。

カンパニョーロ ZONDAのベアリングも組み立てる時は、それが必要ですので、分解する前に仕組みを良く理解するようにして下さい。

ベアリングの取り出しかたは、以下の手順です。

下の写真のワッシャーは、シリコンゴムのOリングを介して嵌っているだけなので、ネジのように回しても外れません。

小さいマイナスドライバーで境目をこじるか、ワッシャーを引っ張れば外れます。

次は、当たり調整リング止めネジを緩めます。

そして当たり調整リング本体を回して外していきます。
その際、ハブ軸の反対側を押さえて回らないようにし、ハブ軸ごと回転しないようにして下さい。

IMG_2002
※名称は勝手につけてます

当たり調整リングを外すと、ハブ軸のコーンが抜けて、ベアリングが現れます。

IMG_1334

中に見える白いリングがベアリングのシールですが、シールドベアリングのように密閉されてはいなので、内側をマイナスドライバーで引っければ、外れてベアリングが出てきます。

反対側は、写真側からハブ軸をプラスチックハンマーで叩くと、ハブ軸が抜けて同じようにベアリングが出てきます。

IMG_1333

IMG_1332

ZONDAのベアリングは、シマノのようにバラバラではなく、保持器と一体になっています。

取り出したベアリングとシール。

FullSizeRender

分解したハブ軸のコーン、ホイール側のベアリングが入る部分(カップ)、ベアリングを綺麗に清掃して、新しいグリスを塗って元に戻します。

戻す時に、当たり調整リングでベアリングの当たりがちょうど良くなるように回して調整します。

あたりがちょうど良いとは、ハブ軸のガタツキが無い状態で一番スムーズに回転する位置です。

その位置で、当たり調整リング止めネジで固定します。

シマノのカップ&コーンのハブは、ナットになってるコーンの上から別のナットを締めて固定するのですが、二重ナットを反対方向に締め付けて固定する時、コーンの位置がズレて、ベアリングの玉あたりが変わってしまうなど、ちょうど良い位置で玉あたり調整するためには、熟練が必要でした。

カンパのこのハブは、あたり調整リングを回して少し重くなる位置であたり調整リング止めネジで固定すれば良く、玉あたり調整が簡単にできる優れた設計だと思いました。

次にリアホイールです。

ベアリングはフロントと同じ仕組みです。

フリーがある反対側のあたり調整リングをフロントと同じように外します。

IMG_2059

写真は、ワッシャーを外して、あたり調整リングをクルクル回して外しているところ。

外した後、こちら側からハブ軸をプラスチックハンマーでトントン叩くと、フリーごとハブ軸がスポンと抜けます。

IMG_1341
IMG_1342

抜いた後は、ベアリングシールとベアリングが見えるので、取り外し、フロントの時と同様に、清掃してグリスアップをします。

グリスは、シマノのプレミアムグリスであれば、万能なのでどこのグリスアップにも使えるようです。ただ、粘度がやや高めなので動きは重くなります。

実はフリーには、粘度が低い専用のフリーハブグリスというのがありますので、私はフリーのツメやラチェット部分には、このフリーハブグリスをつけ、ベアリング部分には、FINISH LINEのセラミックグリスでグリスアップしています。

FullSizeRender

同じように、ホイール側も綺麗にして、グリスアップしましょう。

IMG_1347

IMG_1349

フリーのジーー!というラチェット音がうるさい時は、このツメやラチェット部分をグリスアップしてやると静かになりますよ。

IMG_1352

ハブ軸とフリーを差し込み、反対側にベアリングを受けるコーンを入れて、その上からあたり調整リングをハブ軸がガタつかずによく回る位置まで締め込み、あたり調整リング止めネジで固定。ワッシャーを戻せば、リアホイールのハブメンテナンスも完成です。

IMG_1353

ホイールを半年~1年くらい使って、新品時と比べて走りが重かったり、フリーの音がうるさくなったりした時、ホイールのハブのグリスアップをしてみると、色々改善するかもしません。


ただ、ハブグリスアップの作業手順自体はそう複雑ではありませんが、ハブの仕組みや部品の機能をよく理解して、たまあたり調整などをキチンとすることが、大変重要です。


そうしないと、整備前より回らなくなるだけではなく、トラブルで機材を壊す事にもなります。


今回のカンパニョーロのホイールではありませんが、昔、クロスバイクのシマノホイールのハブを分解した時、シマノハブの玉あたり調整では、二重ナットになってるコーンとナットを、ハブレンチでそれぞれを反対方向に締めこんで固定するのですが、ハブレンチが無く、片方のナットだけで締めこんで固定していたら、乗っているうちにコーンの位置がズレてベアリングが焼き付いてホイールが動かなくなるというトラブルになったこともあります。
(*´д`*)


この部分は、安全に直結するパーツですから、必ず自分で調べて、仕組と整備に確信がなければ、ショップにおまかせするのが、正解だと思います。


ということて、本記事も仕組みを理解するためのあくまで参考とご理解下さい。



ランキングの下のリンクをポチッと押していだだけると、更新の元気が出ます! 



レーシングチームに入りました!