こんにちは、りょうです。

笠ヶ岳山荘のテント場では、その日の疲れもあり、夕食後、しばらく星を眺めていましたが、やがてすぐに寝てしまいました。

起床は翌朝4時。
起きてみると星が綺麗にでていました。
今日も最高の天気で山歩きが出来そうです。

朝ごはんの準備などの間、槍ヶ岳方面のタイムプラス動画を撮ってみました。


山の朝は早く、すぐに空が白んできます。太陽はちょうど槍ヶ岳の方角から上がってきました。

IMG_2999

下には雲海が拡がっています。
昨日の夜は、寝袋の中でもちょっと寒かったのですが、陽が射すと、すぐに暖かくなってきました。
子供たちも起こして、早速、朝食の準備をします。

IMG_2760

食事を済ませたあとは、山荘まで上がってトイレ、水の補給など出発の準備を行います。

IMG_2764

テントを片付けて出発したのが、午前7時30分頃でした。

今日のコースタイムは5時間ほどなので焦る必要は無かったのですが、昨日の状況を考えるともう少し早く出たかった。

まずは元来た道を歩きます。

IMG_3001

天気は快晴で、朝のうちはすずしく、気持ちの良い稜線歩きです。

IMG_2774

IMG_2866

IMG_3002

IMG_2782

普段、なかなか見られない槍ヶ岳も見放題w

登山やってて良かったという至福の時間でした。

抜戸岳の稜線から向こう側に入ると、彼方に今日の目的地の双六小屋が見えてきました。

IMG_2920

ちょうど、写真正面の山の鞍部にある屋根が赤い小屋がそう。

しかし、そこまでの道のりは決して平坦ではなさそうです。

IMG_2921

抜戸岳からガレた道を下っていきます。

IMG_2792

見上げればかなり下りてきました。

IMG_2793

この坂を下りた所が、秩父平と言って
このコースで唯一の水場がある場所なのですが、その日はほとんど枯れていて、ぽたぽたと雫が落ちる程度。
水筒の1/4も入りませんでした。

まぁ、昨日と同じように水はたっぷり山荘で汲んできたので問題ないのですが、ここは特に夏は水が厳しいコースだと思います。

IMG_2800

秩父平からはまた稜線を上がっていきます。

そして、今回初めての頂上の大ノマ岳頂上!

IMG_2804

笠ヶ岳の頂上は、テント場から片道30分ほどだったのですが、テント場で満足して子供たちも「行かない」とのことだったので…。

あとから、なんで笠ヶ岳の頂上に登らなかったのかと後悔してましたが…。

大ノマ岳から稜線を歩いてきた抜戸岳方面を振り返る。かなり下りてきた。

IMG_2805

この時間になると、日も高くなってかなり暑くなって来たが、ちょうどこの頃から雲が出てきて助かった。

IMG_2806

大ノマ乗越まで下りると、もう樹林帯で蒸し暑い。
更に大ノマ乗越からの上りは、笠新道を思い起こす急登が続きます。

稜線と下りでは調子が良かった長女が、ここでまたかなり遅れだしました。

登るスピードは時速1〜2km/h。
時刻は14時を回っています。

残りはコースタイムで、1時間40分ですが、昨日の例を考えるとコースタイムの1.5倍~2倍は考えておく必要があります。

そこで、昨日と同じ様に長男と次男を先行して行かせることにしました。

長女と次女と私は日が落ちる前に着けば良いとゆっくりと歩きます。

IMG_2808

幸い、急登は暫くして終わり、再び緩い上りの稜線歩きとなり、長女のペースも復活してきました。

しばらくて、弓折分岐に到着。
ここで、新穂高に下りる道と双六岳に向かう道に別れます。

明日はここから、新穂高に帰るのだ。

IMG_2811

双六小屋はここから、更にひと山越えていきます。

IMG_2810

途中、雪渓越えますが、ほぼ平らなので問題なし。こちらの道は笠新道よりメジャーなせいか、整備されて歩きやすい感じでした。

IMG_2814

木道も整備されています。

IMG_2816

そして、遂に、双六小屋が見えてきました。

IMG_2922

17時頃になってしまいましたが、明るいうちに双六小屋に到着。

IMG_3005

今回も長男と次男が小屋でテント場の手続きとテントを張ってくれていました。

この日はかなりテント場が混雑しており、臨時スペースも開放していましたが、ほとんど最後のスペースだったみたいでした。

IMG_2827

長男と次男を先に行かせて良かった。

その日は山行最後の夜ということもあり、自炊ではなく山小屋の食事で夕御飯。

IMG_3006

山の贅沢品のビールも飲ませていただきました〜。

IMG_2926

双六小屋のテント場は、地面は土と砂利。小石を丁寧に取り除けば寝やすいテント場です。

写真右側が双六岳で頂上は、小屋から登り1時間、下り40分の距離だ。
双六岳の頂上部は平坦な平原のようになっていて、他の山にない特徴だそうだ。

IMG_3007

写真は借物…。

だって双六岳も子供たちが登らなくていいっていうんだもん…。

もうね、何しに行ったのかと言われそうです。

でも、いいんです!
稜線歩きとテント場からの星空を眺めたかったのです!

もう、ここまでの山行で充分満足…。
。゚(゚^ω^゚)゚。


さて、双六小屋での夜は、雲も出て星空は望めそうになかったので、早々に寝袋で寝てしまいました。

IMG_3008


明日は、最終日。
双六小屋から新穂高のコースタイム6時間の道を帰ります。



ランキングの下のリンクをポチッと押していだだけると、更新の元気が出ます! 



レーシングチームに入りました!